東京モーターショー2019で発表か!? 新型・日産フーガは、デザイン若返りでクラウン追撃へ

日産の高級4ドアセダン「フーガ」が、次期型で大きく路線変更される可能性がわかりました。

フーガは、2004年にそれまで40年以上の歴史を持つ「セドリック・グロリア」後継モデルとして発売、北米では「インフィニティQ70」として展開しています。現行モデルとなる二代目は2009年に登場しており、約10年が経過。

ライバルとなるトヨタ「クラウン」は、2018年に登場した最新モデルにより、4ドアクーペスタイルを導入。若返りに成功しており、フーガの路線変更も可能性が高いと言えそうです。

プラットフォームに「MRA」アーキテクチャを採用する次期型は、高級感の中にスポーツ感を取り入れたシルエットを特徴とする4ドアクーペスタイルが予想されます。2018年1月のデトロイトモーターショーで初公開されたインフィニティ「Qインスピレーション」からインスパイアされたデザインが予想されています。

情報をもとに制作したCGですが、ボンネット前方をグッと下げ、サイドデザインはシンプルながら上品に。アンダー部分はおもいっきり抉ったデザインとし、それに伴いリア周りに膨らみを持たせ迫力がアップさせました。フロントエンドではグリルが大型化、ライト位置は若干低めに、細くシャープなデザインを採用。アンダー部分は全体的に前方に出し、踏ん張り感をイメージさせたボディに進化します。次期型では、購買層若返りへ大きな決断が下されそうです。

予想されるパワートレインは、北米仕様「スカイライン」から流用される3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターのハイブリッド、及び「QX50」新型と共有する2.0リットル直列4気筒ターボ「VC-Turbo」のラインアップです。安全技術では、最新世代の「プロパイロット」搭載も間違いないでしょう。

次期型の発売は最速でも2020年以降となりますが、今年10月の東京モーターショーでコンセプトモデルが発表される可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事