【新型デイズ ハイウェイスター ターボ 試乗】軽自動車のクラスを超えた「自然な走り」

●CVTのステップ加速制御が走りにもたらす恩恵

6年ぶりにフルモデルチェンジしたデイズの過給機付きモデル、『ハイウェイスターGターボ』(154万9800円)に試乗してきました。今回のモデルではエンジンを完全新設計としています。

CVTも新開発のものになっており、エンジンとの締結点数を4点から11点に増やすなど、パワーユニット全体の高剛性化にも貢献しています。剛性を上げたことでよりダイレクトな加速が味わえたり、静粛性が向上するといった効果も出ました。

また先進安全運転支援システムのプロパイロットを採用したことがニュースです。

サスペンションはFF車ではリヤにトーションビーム式を新たに採用し、フロントのストラット式と組み合わせます。

ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmで、全高は1640mmです。プラットフォームを一新したことでホイールベースは2495mmと大きくしています。これによって後席のヒザ前空間は710mmを確保しています。

リヤオーバーハングは従来モデルと同等ながら、ラゲッジルームは大きめです。後席を一番後ろにスライドした状態でも385mmの前後長を確保しています。

後席とラゲッジルームが広くなったら前席が狭くなった? いえ、もちろんそんなことはありません。実はエンジンルームの前後長を約8cm縮めることで、フロントシート周りの広さは確保したまま全体をサイズアップしているのです。

『日産・デイズ』の最新記事
【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る
【日産デイズ/三菱eKワゴン試乗】NA仕様を買うならハイブリッドモデルがオススメ
【日産デイズ試乗】高い静粛性と乗り味が光る、ターボ+ハイブリッド仕様の軽快な走り
【日産デイズ&三菱eKワゴン試乗】兄弟車4モデルでベストチョイス、買うべきグレードは?
【三菱eKクロス試乗】ワクワク感あふれるエクステリアにしっかりした走り
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事