【プジョー508試乗】最上級モデルに相応しいパワー&トルクを備えた2種のエンジン

●成熟状態に近づいている1.6ガソリン、もうひとがんばりほしい2.0ディーゼル

従来のノッチバックスタイルからハッチバックスタイルとなった新型プジョー508。搭載されるエンジンは、さまざまな仕様の存在する1.6リットルガソリンと2.0ディーゼルの2種。どちらもターボ過給タイプです。

1.6リットルガソリンエンジンは、じつに多くの車種に搭載されさまざまな評価を受けつつ進化してきたユニットです。厳しい評価のなかで生き抜いているエンジンだけあり、その完成度は高く感じます。

今回508に搭載された仕様は、最高出力が180馬力、最大トルクが250Nmで1.6リットルターボとしては比較的パワーを絞り出しているタイプです。高回転まで回したときの抜けのよさは気持ちよく、ヒュンヒュンよく回りそこにパワーが付いてきますので、ワインディングでも楽しめます。

さらにいいのが最大トルクの発生回転数がわずか1650回転と低いことです。低速からしっかりと加速しますし、高速道路を走っているときもエンジン回転が抑えられるので、無理な走りを感じず快適です。

一方のディーゼルエンジンは170馬力、400Nmのスペックです。さすがに400Nmもトルクがあると走りは力強く、余裕感にあふれていますが、若干ディーゼルノイズや振動を感じてしまいます。排ガスそのものはクリーンで、アイドリング状態で車外にいても匂いなどを感じることはありませんが、車外でのディーゼルノイズは若干大きめとなります。

ハンドリングに関しては減衰力調整が可能なショックアブソーバーを装備することで、スポーティな走りとコンフォートな走りの両立を実現しています。ドライブモードは、エコ、スポーツ、コンフォート、標準、マニュアルの5モードです。調整されるのは、アクセルレスポンス、ミッション、サスペンション、パワステ、アイドリングストップ、エアコンの6項目となります。

都市部での走行を考慮すればエコが標準としてもいいと思います。ただしエコモードの際はエアコンはエコ制御となるので、もしかしたら真夏ではちょっとキツいかも知れません。

ショックアブソーバーについては、スポーツモードがもっとも硬く、コンフォートとエコではソフトになり、ほかのモードでは標準となります。スポーツモードの際のクルマの動きはシャープさが増します。とくにディーゼルの場合はガソリンよりも車重が重いので、スポーツモードのほうが動きが安定する傾向を感じられました。

(文・諸星陽一/写真・前田恵介)

『プジョー』の最新記事

【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
【新型プジョー508試乗】ファストバックスタイルを採用した新型のボディサイズ、デザイン、居住性は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事