2016年以来の優勝を遂げたスズキMotoGPマシンと同じニューカラーを採用【スズキ GSX-R1000 ABS 】

■タイヤとフロントブレーキホースの変更で走りの熟成も図られたGSX-R1000 ABS

4月14日に行われたMotoGP第3戦「アメリカズGP」では、チームスズキエクスターのアレックス・リンス選手が初優勝を飾りました。これは、チームスズキエクスターにとっても2016年イギリスGP以来の優勝となります。マシンのポテンシャルは確実に向上しているようで、今後のレースでも好成績が期待できそう! スズキ・ファンにとっては楽しみなシーズンとなりそうです。

今回マイナーチェンジを果たした「GSX-R1000 ABS」は、そんなチームスズキエクスターのMotoGPマシン「GSX-RR」2019年モデルのイメージを踏襲したカラーリングが採用されました(カラー名はトリトンブルーメタリック)。

こちらはMotoGPマシン「GSX-RR」です。見比べると、「GSX-R1000 ABS」の方がブラックの面積が広いせいか、より精悍な印象を受けます。

「GSX-R1000 ABS」にはそのほかにも黒/赤(グラススパークルブラック/パールミラレッド)、白(パールグレッシャーホワイト)も用意され、計3色のカラーラインナップとなっています。



チタンカラーだったマフラーボディ色がブラックになると同時に、マフラーカバーが追加されたのも変更点です。

機能面に関しては、タイヤがブリヂストンRS10からRS11に変更されました。また、フロントのブレーキホースもステンレスメッシュとなっています。ETC2.0が標準装備なのも一般ユーザーにとってはうれしいところです。

「GSX-R1000 ABS」の価格は2,116,800円で、4月25日の発売です。

(クリッカー編集部)

『スズキ』の最新記事
スズキ・スイフトがマイナーチェンジ。ヤリス、フィットなどのライバルに対抗
先代よりも進化した、新型ハスラーの車内と荷室の広さ、使い勝手【スズキ・ハスラー試乗記】
1997カプチーノ01
もう中古車相場が下がることはない!? 孤高の軽スポーツ・カプチーノを狙うなら今! 【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
日産セレナのOEM、3列8人乗りのスズキ・ランディが、先進安全装備の充実化と内外装をリフレッシュ! プロパイロットは?【新車】
爆音に「闇カンファレンス」。カオスすぎて日本人としては驚きの連続【デリーモーターショー2020取材記・後編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事