スバル?マツダ? あの「コピー車」MG X-Motionの実車が走った!

●かつでの名門メーカー・MGが開発中のSUVをキャッチ

MGの『Xモーション コンセプト』の市販型プロトタイプを再びキャッチしました。

MGはフラッグシップ・クロスオーバーSUVとして「X-Motionコンセプト」を2018年北京モーターショーで初公開しましたが、フロントエンドなどのデザインがスバルやマツダのSUVを彷彿させるとして話題となっています。

捉えたプロトタイプはカモフラージュも重いですが、コーナーエアインテーク、グリル、テールライトなど多くのパーツがコンセプトモデルから継承されているようです。

「MG」はもともと「モーリス・ガレージ」の略称と伝えられています。1910年ごろから小型スポーツカーのメーカーとしてスタート。その後「BMC」や「Austin Rover」を経て、1986年には「Rover」、2000年には「MG Rover」と、転身を繰り返しています。日本では、1995年の「MG-F」の人気が記憶に残ります。

2009年からは、中国の自動車大手・上海汽車集団(SAIC)の傘下となったわけですが、そのあたりから日本車を模倣したようなコンセプトモデルなどが目立ち初めています。

市販型パワートレインは、Roeweブランドの大型クロスオーバーSUV「RX8」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力221ps・最大トルク360Nmを発揮、8速ATと組み合わされます。またプラグインハイブリッドの設定も濃厚で、駆動方式はFFながらオプションでAWDが選択可能となります。

ワールドプレミアは、2019年内が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事