シトロエン・グランドC4スペースツアラーがパワートレーンを一新。特別仕様車の「ORIGINS」も同時設定

数少ない輸入ミニバンであり、シトロエンらしいスタイリッシュなフォルムと7人乗りシートを備えた快適なキャビンが特徴のシトロエン・グランドC4スペースツアラー。2018年9月、従来のグランドC4ピカソから車名を変更しました。

2019年3月28日、グランドC4スペースツアラーが近日中にもマイナーチェンジを受けると発表しました。

アイシン製8速AT(EAT8)を装備し、ガソリンで+15ps、ディーゼルで+10psの出力向上を図るとともに、世界で最も厳しい基準のひとつ「Euro6.2」をクリアするパワートレーンに一新されるそうです(ORIGINS、SHINE共通)。1速と8速の比率のワイドスプレッド化により高速域での良好な燃費が期待できるとしています。

コンパクトカーのC3と同じように、シトロエン100周年を記念した「GRAND C4 SPACETOURER ORIGINS」仕様も用意されます。

オリジンズロゴステッカー(フロントドア)やテールゲートエンブレムステッカーをはじめ、ブラックドアミラー、電動サンブラインド付きパノラミックガラスルーフ、ハンズフリー電動テールゲート、17インチアロイホイール、2トーンファブリックシート(ブラック&グレーベージュ)、フロント大型ヘッドレスト、フロントアクティブランバーサポート、グレーベージュダッシュボードを装備。

価格は1.6L直列4気筒ターボを積む「GRAND C4 SPACETOURER ORIGINS」が3,860,000円、「GRAND C4 SPACETOURER SHINE」が3,770,000円。2.0L直列4気筒ディーゼルターボの「GRAND C4 SPACETOURER ORIGINS BlueHDi」が4,110,000円、「GRAND C4 SPACETOURER SHINE BlueHDi」が3,900,000円です。

(塚田勝弘)

『シトロエン』の最新記事
乗り心地の良さ、素直なハンドリングなど、走りのよさは人気コンパクトカーのC3譲り【シトロエン C3 エアクロス SUV試乗記】
室内と荷室の広さはファミリー、アウトドア派向き。ベースのシトロエンC3との違いは?【シトロエン C3 エアクロス SUV】
日本でも扱いやすいサイズでソフトな乗り心地を実現した、シトロエンらしいSUV【シトロエン C5 エアクロス SUV試乗記】
両側スライドドアのシトロエンBERLINGO(ベルランゴ)のローンチエディションが登場【新車】
シトロエンC5エアクロス フロントスタイル2
さすがバカンスのある国のSUV。タップリサイズのパッケージング【シトロエンC5エアクロスSUV試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事