【新車】日本で最も売れているシトロエン車の「C3」にブランド創業100周年を記念した特別仕様車が登場

日本市場において史上最も売れているシトロエン車が、現行シトロエンC3です。2019年3月28日、シトロエン・ブランド日本展開23年で最高記録となる販売数を記録したC3に、同ブランド創業100周年を記念した特別仕様「C3 ORIGINS」(C3オリジンズ)が設定されました。

今回の「C3 ORIGINS」は、シトロエン・ブランドの初代ダブルシェブロンをモチーフとした100周年記念ロゴマークと、ヴィンテージ感あふれるブロンズのテーマカラーを内・外装にちりばめた特別仕様車。シックなカラーコーディネイトが魅力の同モデルは、シトロエン100周年の2019年のみ販売される希少な仕様だそう。

「C3 ORIGINS」に用意されるのは、オリジンズロゴステッカー(フロントドア)・ブロンズカラーストライプデコレーション(ドアミラー/ルーフステッカー/Cピラー/テールゲートエンブレム、ブロンズカラーアクセント(フォグランプベゼル/エアバンプアクセント)、17インチブラックアロイホイール・ブロンズステッチ入りファブリックコンビネーションシート(グレー/ブラック/ホワイト)、オリジンズロゴ入りフロントシートタグ、ブロンズフレーム&ブロンズステッチ入りダッシュボード、ブロンズパイピング入りフロアマット。

ボディカラーは、「ブランバンキーズ ノアールオニキスルーフ」、「ノアールペルラネラ ブラノパールルーフ」、C3初展開色の「グリアルタンス ノアールオニキスルーフ」3色。価格は2,580,000円です。

(塚田勝弘)

『シトロエン』の最新記事
乗り心地の良さ、素直なハンドリングなど、走りのよさは人気コンパクトカーのC3譲り【シトロエン C3 エアクロス SUV試乗記】
室内と荷室の広さはファミリー、アウトドア派向き。ベースのシトロエンC3との違いは?【シトロエン C3 エアクロス SUV】
日本でも扱いやすいサイズでソフトな乗り心地を実現した、シトロエンらしいSUV【シトロエン C5 エアクロス SUV試乗記】
両側スライドドアのシトロエンBERLINGO(ベルランゴ)のローンチエディションが登場【新車】
シトロエンC5エアクロス フロントスタイル2
さすがバカンスのある国のSUV。タップリサイズのパッケージング【シトロエンC5エアクロスSUV試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事