キャディラック最小クロスオーバー「XT4」が派生モデルを拡大中? ディーゼル開発車両を目撃

キャディラックの最小クロスオーバーSUV「XT4」に新たに設定される、ディーゼルバージョンの開発車両を初めてカメラが捉えました。

「XT4」は、2018年ニューヨークモーターショーで初公開。メルセデスベンツ「GLA」、BMW「X1」、アウディ「Q3」といったプレミアムコンパクトSUV市場へ初めて参入を果たした次世代クロスオーバーです。

パワートレインは新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力240ps・最大トルク350Nmを発揮します。

ベースモデルはスクエア型のエキゾーストパイプを両サイドに装備していますが、今回捉えた2台のプロトタイプは、左に円形デュアルエキゾーストパイプを備えるものと、下を向く単一のエキゾーストパイプを持テスト車両が見られました。また撮影したカメラマンによると、独特の音も聞き取れたようで、ディーゼルバージョンであることは間違いないようです。

ただし、これらのテスト車両が2つのディーゼルエンジンをテストしているのか、異なる排気システムを持っているのか不明です。

同ブランドでは「XT4」ラインアップの拡大を計画しており、BMW「X2 M235i」をライバルとする「V-Sport」には「シルバラード」から流用される2.7リットル直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力310psが噂されています。

なお、このディーゼルバージョンは北米市場には投入されず、欧州専用となるといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アウディ Q4 e-tron_005
アウディ「Q4 e-tron」市販型プロトタイプをスウェーデン市街地でキャッチ!
BMW X5_006
BMW X5が大幅改良へ! プロトタイプの初スクープに成功
メルセデスベンツ Cクラス_005
メルセデス・ベンツ Cクラス次期型、ついにボディパネルが露出! シンプルなデザインに変化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事