これが新フロントマスクだ! 日産・ジューク次期型をキャッチ

日産の人気クロスオーバーSUV「ジューク」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。2010年登場から8年以上が経過、いよいよ登場する第二世代はどんな進化を見せてくれるのでしょうか。

捉えた開発車両は、厳重なカモフラージュでディテールは隠されていますが、大型化されたVモーショングリルを装着し、ボンネットのシャープなフロントコンビランプ、バンパーの大型ヘッドライトは、形状こそ変わりますがレイアウトは継承されていることが確認できます。

特徴的だったピラーへ伸びるV型テールライトも刷新。テールゲートへ鋭く切れ込むデザインが採用されているようです。

パワートレインは、1.0リットル直列3気筒ターボエンジン、1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン、1.6リットル直列4気筒ターボガソリンエンジンのほか、1.2リットル直列3気筒+電気モーターの「e-POWER」などが予想されています。こちらの燃費は35km/L程度となりそうです。

プラットフォームには、ルノー日産アライアンスにより開発された「CFM-B」を採用。ホイールベースを延長。軽量化や剛性が強化されるとともに、ボディ全体の大型化が予想されます。

安全装備では、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、踏み間違い衝突防止アシスト、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)、などが搭載されます。

気になるワールドプレミアは、最短で4月のニューヨークモーターショー、遅れれば9月のフランクフルトモーターショーと噂されていますが、偽装の具合からも9月が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事