スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

【V12エンジンを1,000kgの超軽量ボディに搭載!?】

マクラーレン「F1」の産みの親であるゴードン・マレー氏が立ち上げた新会社が計画しているとみられる、新型スーパーカーの新情報を入手しました。

「F1」は、同ブランド創設者ブルース・マクラーレン氏の夢であった「マクラーレンの名を冠したロードゴーイングカー」を実現するべく、自動車デザイナーのゴードン・マレー氏が手がけ、1993年から1998年まで生産されました。新車価格は当時破格の1億円だったことでも有名な伝説のスーパーカーです。

ゴードン・マレー氏は2017年に少量生産の自動車メーカー、「ゴードン・マレー・オートモーティブ」を立ち上げると発表。「F1」の再来を目指すと語っていました。一方、マクラーレンは、2018年10月、1050psを発揮するハイブリッドモデル、「スピードテール」を初公開。マクラーレン史上最速で、「F1」の後継モデルと伝えられています。

しかしマレー氏は、米「Road&Truck」誌のインタビューで、「これまで真のF1後継モデルは造られていない。それはシングル・パーソン・フォーカスデザインにより、軽量で、ドライバーのフィードバックに焦点を当て、かつV12サウンドを奏でる時に誕生する」と答えており、自ら制作することに自信をみなぎらせているようです。

入手した最新情報では、このスーパーカーは、カーボンモノコックを採用し、「F1」の2,244ポンド(1,108kg)より軽量の2,204ポンド(1,000kg)程度となる見通しです。またマニュアルギアボックスと組み合わせたV型12気筒NAエンジンを搭載しますが、3シーターレイアウトの採用は未定のようです。

ワールドプレミアは、2020年が予想されており、2019年内にはスペックなど詳細をつかめるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ 911 GT3ツーリング外観_006
新型ポルシェ 911に設定されるGT3ツーリングは「記録」より「興奮」を選んだ車
ダッジ チャージャー SRT外観_002
「悪魔」を移植!? ダッジ チャージャーSRTヘルキャットのモンスターカスタムを11月に公開
ランボルギーニ エストック外観_005
ランボルギーニ初の4ドアEV発売の可能性。プラットフォームをポルシェ タイカンと共有
ランボルギーニ アヴェンタドール外観_003
ランボルギーニ最後のピュアV12は「SVR」か? 830馬力、究極のアヴェンタドールが年内登場の噂
スズキ ジムニー 5ドア
お待たせ!スズキ ジムニー初の5ドアモデル、2022年に登場か!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事