【新車】新型ジープ・ラングラーに設定された導入限定車は即完売。新たに「アンリミテッド・サハラ」の受注を開始

【安全性と快適性をより高めた新たな限定車「アンリミテッド・サハラ」が登場】

2018年10月25日、11年ぶりのフルモデルチェンジを行ない、大きな注目を集めているJL型の新型ラングラー。悪路走破性の高さを継承しながら、より快適になったオンロードでの走りも披露するなど、11年ぶりにふさわしいモデルチェンジにより高い支持を得ているそうです。

導入限定車「アンリミテッド・サハラ・ローンチ・エディション」は発売とほぼ同時に完売しましたが、2019年3月1日から「アンリミテッド・サハラ」の受注を開始すると発表しました。

「アンリミテッド・サハラ」は、先代に対して居住性・快適性が大幅に向上した4ドアボディに、改良型の3.6L V型6気筒エンジンおよび8速ATを搭載した仕様。さらに、路面や天候状況に応じて最適な駆動力を自動的に前後の車輪に配分するフルタイムオンデマンド4×4システムが搭載され、路面を問わず安全かつ快適に走行することが可能としています。

さらに、駐車時の安全確認をサポートする「ParkSenseフロント・リヤパークアシスト」や「ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション」、後退時に後方視界を高める「Parkviewリヤバックアップカメラ」に加えて、今回新たに「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)」と「アダプティブクルーズコントロール(STOP機能付)」も標準装備され、安全性と快適性がより高められています。

用意されるボディカラーは、新色の「オーシャンブルーメタリックC/C」含む全5色。さらに、レザーシート、フロントシートヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、革巻きシフトノブを装備した「レザーパッケージ」も新たに設定されています。

2019年3月1日以降の価格は、「Unlimited Sahara」が5,443,200円、「Unlimited Sahara レザーパッケージ」は5,593,320円。なお、「Sport」は4,698,000円、「Unlimited Sport」は5,043,600円です。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事