日産・リーフがEV史上初の販売台数40万台を達成

2019年3月5日、日産リーフがEVとして史上初の販売台数40万台を達成したと発表しました。

三菱自動車のi-MiEVに続き、量産EVとして登場したリーフは、2010年の発売以来、度重なる値下げ攻勢で「売れていないのでは?」という指摘が各メディアからありました。発売から9年でこの販売台数は成功か否かは分かりませんが、発売当時の状況について、日産は「当時はまだ、EVはニッチな製品とされており、日産リーフを購入されたお客さまの多くは“アーリーアダプター”」でした」と表現しています。アーリーアダプターとは、新しもの好き、流行を先取りする人といえるでしょう。

なお、日産によると、リーフがこれまでに走行した距離は累計100億kmを超えているそうで、2010年に発売してからのリーフの累計販売台数をもとに算出すると、1年あたり380万バレルに相当する石油を節約した計算になるそう。これをC02排出量に置き換えると、ローカルエミッション(tank to wheel)での話であるはず。

現在のリーフは、2018年に欧州でEVの販売台数1位になり、ノルウェーでは、EV以外の車種も含めた年間販売台数の第1位を獲得。同国では補助金や充電インフラの充実、もちろん環境意識の高さから電動化率1位となっていて、電動化率の2位は日産リーフの“地元”である日本です。

リーフは、現在50以上の市場で販売されていて、2019年前半にはさらにラテンアメリカの6つの市場で、また年末までにアジア・オセアニアの7つの市場でも発売される予定としています。

(塚田勝弘)

『日産・リーフ』の最新記事

日産リーフe+の「WLTC走行距離458km」、本当に走るのかテストしてみました
【新車】日産リーフにスポーティモデル「AUTECH」仕様が追加。専用ブルーのシグネチャーLEDの顔つきに注目
日産・リーフe+が新型リーフの大本命といえる理由とは?【新型リーフe+試乗記】
【日産リーフe+ 公道試乗】バッテリー&パワーをアップし、標準モデルを大きくしのぐ加速力を得たe+
【日産リーフe+試乗】航続距離を伸ばしパワフルになっても室内空間を犠牲にしなかったリーフの大容量バージョン
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事