レクサスが日本の匠に焦点を当てたドキュメンタリー番組を3月19日から配信

レクサスは、2019年3月19日(火)から日本の匠に焦点を当てたドキュメンタリー映像「Takumi – A 60,000-hour story on the survival of human craft」を配信します。

西洋では「専門家」となるには1万時間の経験が必要といわれているそう。さらに日本には、その道を究めるまでに6万時間(1日あたり8時間換算で30年)もの時間をかける「匠」と呼ばれる存在がいます。今回のドキュメンタリー「Takumi – A 60,000-hour story on the survival of human craft」は、日本の匠に焦点を当てる番組。

世界最古の建築会社・金剛組に勤める宮大工、ミシュランガイドの2つ星を獲得した料理旅館・美山荘の主人、新進気鋭の切り絵アーティスト、レクサスの品質検査担当といった、4名の日本の匠を追う内容となっています。

監督は、Netflixで配信中の人気ドキュメンタリー「Chef’s Table」のクレイ・ジェター氏が務め、世界各国でものづくりやAIの専門家とともに「AI時代に人の手を使うものづくりの匠は生き残れるのか」を論じるそう。

今回の配信は、2018年11月に米国・ニューヨークで開催されたドキュメンタリーフィルムフェスティバル「DOC NYC」において、メディア向けに限定公開された54分の通常版とともに、通常版の各チャプター間に匠が技術を習得するまでに鍛錬を繰り返すことを表現するループ映像を加えた計6万時間のロングバージョンもあわせて配信されます。

なお、通常版はAmazon Prime VideoやAmazon Instant、Google Play、iTunesなどの動画配信サービスで配信されるほか、6万時間のロングバージョンも専用ページで配信されます。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事

レクサスが世界累計販売台数約1,000万台を達成。LSとESからスタートしたラインナップの今後は?
イタリアで開催される「ミラノデザインウィーク2019」にLEXUSが出展
【レクサスUX試乗】ちょっと頑張れば買える!? 「手が届くレクサス」は乗り味も上々
光学ミラーに代わり採用が進む「デジタル・アウターミラー」その効能は?
【デトロイトモーターショー2019】新型レクサス・RC F登場。“Performance package”はマフラーを見ると「オーナーの本気度」がわかる?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事