【アウディRS4アバント試乗】初代モデルから変わらない、スポーティかつ実用性の高いハイパフォーマンスワゴン

●実用的かつ快適な乗り心地とハイパフォーマンスを両立させたアウディRS4アバント

アウディは標準モデルを「A」、スポーツモデルを「S」、さらにその上のモデルに「RS」や「R」という車名を使います。RS4アバントはアウディのA4アバント(ワゴン)の最上級のスポーティモデルということになります。

A4そのものは2リットル4気筒エンジンを基本としますが、RS4アバントに搭載されるエンジンは2.9リットルのV6エンジンを搭載。最高出力は450ps、最大トルクは600Nmにもなります。駆動方式はもちろんクワトロの4WD、ミッションは8速のティップトロニック(デュアルクラッチ)を採用します。

ブリスターフェンダーを採用したエクステリアは全幅が25mm拡大され1865mmとなります。全長は4780mm、全高は1435mmです。室内は広く、リヤシートもゆったりと座ることが可能で、ラゲッジルームは定員乗車時で505リットル、最大時は1510リットルまで拡大可能で、実用性はかなり高いものとなります。

現在、ハイパフォーマンスSUVは世界に数多くありますが、こうしたワゴンのハイパフォーマンスモデルは意外と少ないのです。国内外を問わず、ここまでハイパフォーマンスなステーションワゴンは、メルセデスAMGとアウディRSアバント以外にない、と言ってもいいのではないでしょうか。

RS4は実用性と異次元性を兼ね備えるクルマです。走行モードをコンフォートにして走っていると、フロントの駆動力が大きいイメージで前に引っ張られていく感覚となります。ダイナミックを選ぶととにかく速く走るために4輪に効率よく駆動力を掛けているイメージで、グイグイと加速していきます。

コンフォート時のゆったりと乗れる感覚はじつに快適で、ガソリンがなくなるまで一気に長距離を走りたくなるフィーリング。ダイナミックにすると、一般道ではまったく物足りないものと感じます。

価格は1196万円とかなり現実離れしていますが、スポーツカーも実用的なクルマも欲しくて2台持ちを考えているなら少しだけ現実に近づくかもしれません。

(文・写真/諸星陽一)

『アウディ』の最新記事

高級車ならではの先端運転支援機能を試す。アウディA8 55 TFSI クワトロ(後篇)【プレミアムカー定点観測試乗】
高級車最前線・その実力。アウディA8 55 TFSI クワトロ(前篇)【プレミアムカー定点観測試乗】
【新型アウディA6発表】特徴的なフェンダーが目を惹く造形、車内は3枚のモニターを装備するなど全身が新技術にあふれる
【新車】世界限定222台のアウディ・R8「Audi R8 V10 Decennium」が発売。同時に新型R8のカタログモデルも発売
アウディは4台の市販予定EVを出展。さらにプラグインハイブリッドの拡充と販売攻勢も計画【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事