軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】

「ジャパンキャンピングカーショー2019」における軽キャンパーの注目は、ホンダ・N-VANを仕立てたモデルで、以前お伝えしたホワイトハウスのほかにも製作されたばかりのN-VANが出展されていました。

神奈川県相模原市のstage21が手がける「Resort Duo BUS KING(リゾートデュオ・バス キング エヌバン)」は、大人2人がゆったり眠れるベッドスペースが自慢。

N-VANの特徴である助手席の折りたたみ機能に加えて、運転席も背もたれを前倒しすることで、室内長と室内幅めいっぱいベッドスペースにすることが可能で、ベッドマットも厚さ65mmとすることで、寝心地にも配慮されています。

ほかにも、サイドパネルやリヤパネル、天井トリム内に断熱材を施すことで、夏は涼しく、冬は暖かい室内空間を確保。

装備も充実していて15Lの冷蔵庫、700Wの電子レンジ、車内の気温を5度〜7度下げ、3時間動作する「クーラー冷え蔵X」、ナビゲーション、長尺物が積載できる床下収納などを用意。充電関連は、MPPTソーラーコントローラーが備わる180Wフレキシブルソーラーパネル、走行充電、AC充電(外部電源)の3段構え(ソーラーパネルの電力を優先する設計)となっています。

そのほか、良好な後方視界が得られるミラータイプのバックミラーを搭載することで、後退時の安全を確保しています。「Resort Duo BUS KING」の価格帯は2,374,000円〜2,902,000円で、展示車両の価格は2,645,000円(ETC車載器/フロアマット込み2,672,000円)

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

軽キャンパーが大注目! ホンダ・N-VANがポップアップルーフのキャンピングカーに【ジャパンキャンピングカーショー2019】
https://clicccar.com/2019/02/13/700467/

『ホンダ』の最新記事

ホンダ・ヴェゼルが2019年上半期のSUV販売台数ナンバー1に。C-HR、新型RAV4も人気を集める
圧倒的な強さを見せるホンダ・N-BOX。新型ダイハツ・タントはどこまで迫れるのか?
ホンダF1が13年ぶり勝利! F1日本グランプリへの期待も高まる!?
ホンダの250馬力船外機「BF250」、タイヤや燃料タンク無しで価格241万円は高い?安い?
ボディカラーは何を選ぶ?多彩なモノトーン、2トーンが揃う【新型ホンダN-WGN先行公開】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事