ダイハツが国内向け新型軽自動車に低コスト開発手法「DNGA」導入へ

ダイハツ工業が部品の共通化などにより、品質を維持しながらコストを抑える新開発手法を採用した軽自動車を本年中に国内市場に投入するそうです。

同社が「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」と呼ぶ開発手法で、開発・製造面でムダな部分を徹底して省き、顧客が求める機能に絞込んでコストを下げる戦略。

第1弾は国内市場向けの軽自動車に採用。将来的には東南アジアなど、新興国向けの小型車にも導入する模様。

日経新聞によると、「DNGA」はトヨタブランド車にも導入される模様で、ダイハツが軽自動車開発で培って来たクルマ作りに一目を置く親会社トヨタにとってもグループの新興国戦略を担う重要技術となっており、同社の「DNGA」への期待は大きいと言います。

ダイハツ奥平社長は新興国市場で台頭する中国メーカーとの価格差を埋めるためにも、新開発手法「DNGA」の導入で熾烈化する競争を勝ち抜く考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:DAIHATSU)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事