まさかの「○すぎ…」。発売翌日に受注停止となったタイのトヨタbZ4X。その理由とは?【THAI MOTOR EXPO2022】

■タイで販売が始まったbZ4Xに起きた予想外の”まさか”!

タイの首都バンコクで開催されている「タイランドモーターエクスポ2020」。その会場内でもっとも大きなブースを構えているメーカーのひとつがトヨタです。

トヨタブースの注目車種といえば2022年の今年9月に発売されたばかりの「ヤリスATIV」やタイ初披露となった「GRカローラ」ですね。

ヤリスの兄弟だけど日本のヤリスとは全然違う「ヤリスATIV」
GRカローラも早速タイでお披露目されました

しかし、それだけではありません。

ステージの脇にも人垣が絶えないモデルがありました。トヨタ初の量産電気自動車「bZ4X」。ついに、タイにも導入されたのです。

トヨタ初の量産電気自動車「bZ4X」

タイのEV(電気自動車)事情を少しだけ説明すると、政府のEV奨励政策やEVに力を入れている中国メーカーの躍進もあってバンコクの都心で見かける電気自動車はそれなりに増加中。

車両を複数台所有するお金持ちだけにとどまらず、”中間層の上の上”くらいの層でも思い切って購入する人も増えているのだとか。安価な中国車EVのターゲットはそんな人たちですからね。

bZ4Xの現地価格は日本円にして約710万円

というわけでトヨタbZ4Xですが、価格は183万6000バーツ(約710万円)と安価な中国車EVに比べると5割増し。おのずと富裕層がターゲットというわけですね。

そんなbZ4X、タイでとんでもないことが起きました。11月9日に発表し受注を始めたのですが、翌日にはオーダー受付をストップしたのです。

●発売翌日に受注をストップしたまさかの理由は?

なぜだと思いますか?

えっ、例のタイヤが外れる件のリコール? それはすでに解決済みなので、それではありません。違うんですよ。

正解はなんと、受注が殺到しすぎ。

現地報道によると、受注開始から1時間で1064台、翌日(10日)の午後8時までには3356台のオーダーが入ったのだとか。これは想定を超える数で、生産状況も踏まえて現地トヨタは受注をストップしたというわけです。

発売翌日に受注をストップ。その理由は……SOLD OUT

まさか予想を超える勢いで売れてしまうとは……! タイのEV熱もなかなか熱いようですね。

どうやら、新しもの好きのタイの人たちの心を揺さぶっているようです。そして現地で最も新車販売台数が多いブランドとなっている「トヨタ」への信頼もあるのでしょう。

トヨタbZ4X

ちなみにタイのbZ4Xは日本からの輸入車。日本仕様との違いを探ろうと思ったのですが、よくわかりませんでした。タイ仕様は日本と同じ右ハンドルですからね。

明らかにわかる違いは、フロントバンパーのナンバープレートステーが横長のプレート対応になっていることでしょうか。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。