新型でも変わらない、ミニバンの中で抜きん出たデリカD:5の悪路走破性

ところで、昨今新車系メディアを賑わわせている新型デリカD:5の最低地上高問題をご存知でしょうか? 先代は210mmあった最低地上高が、新型では185mmに減っていてけしからん、という例のアレです。

でも実は、実質的な最低地上高は先代も新型も変わっていないんですよね。

先代ではアンダーガードが樹脂製だったので「最低地上高の計測に含めず」だったのが、新型は金属製になり「計測に含めた」ので、数値上は最低地上高が低くなっているというのが真相。実質的なロードクリアランスは同じです。だから先代が走れた場所は、新型でも問題なく走れます。そのうえで制御系やメカニズムが進化しているのだから、悪路走破性はより高まっているのでご安心を。

それにしても、雪が積もったモトクロスコースをデリカD:5で走っていると、他のミニバンではこんな真似はできないだろうな、とつくづく感じるのでした。

(工藤貴宏)

『三菱・デリカD:5』の最新記事
三菱デリカD:5
三菱デリカD:5が一部改良で雨滴感応オートワイパーの採用など利便性を向上【新車】
アウトドアで「映える」特別仕様車。三菱デリカD:5に「JASPER」が設定【新車】
デリカD:5オールブラックスエディション
ラグビー最強「オールブラックスエディション」仕様が全身ブラックで登場! デリカD:5が当たるプレゼントキャンペーンも開催中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事