ホンダが3月のジュネーブショー19でレトロ感漂う「市販EV」を公開する?

昨秋のフランクフルトモーターショー17でEVのコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」を公開したホンダ。

同年開催の東京モーターショーでは、欧州での2019年市販を予告。既にプロトタイプ車による公道テストを開始しているようです。同社は1988年にEVの研究をスタートさせ、今年の11月には広州モーターショーでSUV「ヴェゼル」をベースにした中国向けEV「VE-1」を初公開。

情報によると、ホンダは中国向けの「VE-1」に続き、日本でも「アーバンEVコンセプト」の市販化を予定している模様で、コンセプトモデル同様の丸目ヘッドランプを採用した5ドアハッチバックモデルとなるようです。

来春に開催されるジュネーブショー19でのデビューが濃厚のようで、日本での発売は2020年との予想。レトロテイストなボディに先進技術を搭載した国内向け市販EVの登場が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダが寄居工場をEV生産の「マザー工場」に位置づけ、2019年以降 量産を加速
https://clicccar.com/2018/03/05/565418/

ホンダが中国へのEV投入に際し、アリババと「コネクテッドカー」技術で協業
https://clicccar.com/2018/01/06/546223/

『ホンダ』の最新記事
ホンダがGMのEVプラットフォーム・新型バッテリーを使った2車種のEVを北米で発売
ホンダコレクションホール
村上菜つみのミュージアム探訪☆vol.1 Hondaコレクションホール&ツインリンクもてぎ【概要編】
ホンダが「延長保証マモル」に「長期コース」を新たに導入する背景は?
HondaGO RENTAL WEBサイト
ホンダがバイクレンタルサービス「HondaGO BIKE RENTAL」を始動!
新型EVの「Honda e」と大型スーパースポーツバイク「CBR1000RR-R FIREBLADE」が「2020年レッド・ドット」のプロダクトデザイン賞を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事