ホンダが3月のジュネーブショー19でレトロ感漂う「市販EV」を公開する?

昨秋のフランクフルトモーターショー17でEVのコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」を公開したホンダ。

同年開催の東京モーターショーでは、欧州での2019年市販を予告。既にプロトタイプ車による公道テストを開始しているようです。同社は1988年にEVの研究をスタートさせ、今年の11月には広州モーターショーでSUV「ヴェゼル」をベースにした中国向けEV「VE-1」を初公開。

情報によると、ホンダは中国向けの「VE-1」に続き、日本でも「アーバンEVコンセプト」の市販化を予定している模様で、コンセプトモデル同様の丸目ヘッドランプを採用した5ドアハッチバックモデルとなるようです。

来春に開催されるジュネーブショー19でのデビューが濃厚のようで、日本での発売は2020年との予想。レトロテイストなボディに先進技術を搭載した国内向け市販EVの登場が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダが寄居工場をEV生産の「マザー工場」に位置づけ、2019年以降 量産を加速
https://clicccar.com/2018/03/05/565418/

ホンダが中国へのEV投入に際し、アリババと「コネクテッドカー」技術で協業
https://clicccar.com/2018/01/06/546223/

『ホンダ』の最新記事
HONDA eの市販仕様はコンセプトモデルとどこが違う?【フランクフルトモーターショー2019】
これは新しい! ホンダeはキーの代わりに身近な「アレ」を代用できる【フランクフルトモーターショー2019】
「Honda e」の日本発売は2020年。気になる価格は欧州で約350万円【フランクフルトモーターショー2019】
ホンダeを正式発表。価格は約350万円(補助金込み)で意外に安い?【フランクフルトモーターショー2019】
国内で独自路線を歩むホンダが自動運転実現に向けて他社との提携を積極化?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事