【新車】ルノー・トゥインゴがマイナーチェンジ。よりスポーティなエクステリアに変身

●内外装を洗練させたトゥインゴがフランスで発表

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」のマイナーチェンジがフランス本国で発表されました。

トゥインゴならではのリアエンジンによる独自のパッケージはそのままに、内外装をリフレッシュしています。前後バンパーはよりスタイリッシュになり、ヘッドライトはCシェイプ・シグネチャーのLEDタイプとなりました。

用意されるエンジンは、998ccの3気筒NAガソリンと、898ccの3気筒ガソリンターボ。NAエンジンは5速マニュアルトランスミッションのみ、ターボにはマニュアルトランスミッションと6速DCTが用意されるというのも従来通りですが、エンジンも改良されているそうです。そのため新しい燃費モードである「WLTP」に対応していますが、その数値は未公表となっています。

インテリアでは、新しい『Renault EASY CONNECT』に対応したヘッドユニットの採用が特徴。アップルCarPlayやAndroid Autoにも対応しています。もちろん、トゥインゴのチャームポイントであるキュートなコクピットの雰囲気もアップグレードされています。

本国仕様のボディサイズは全長3614mm、全幅1646mm、全高1544mm、ホイールベース2492mm。エンジンスペックはNAエンジンが最高出力54kWと48kWの2種類で、いずれも最大トルクは95Nm。ターボエンジンは最高出力68kW、最大トルク135Nmとなっています。

(山本晋也)

『ルノー』の最新記事
ルノー カングー エヴァジヨン
100台限定車の「ルノー カングー エヴァジヨン」は、フランスの休日の過ごし方がテーマ【新車】
ルノー カングー
カングー限定イベント「キャンプイベント カングー キャンプ 2019-2020」の1回目は、ふもとっぱらで極寒の冬キャンプ
テンパチ・FF・300ps! メガーヌR.S.トロフィーは曲がり過ぎるほどの最強コーナリングマシン!【井出有治・試乗・動画】
トゥインゴ リヤ7-3スタイリング
パリでの使い勝手を考慮したクルマは東京でも見事に本領を発揮【ルノー・トゥインゴ試乗】
F1ドライバー・ヒュルケンベルグも推す300ps! の1.8L FF車【メガーヌR.S.トロフィー】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事