【新車】ルノー・トゥインゴがマイナーチェンジ。よりスポーティなエクステリアに変身

●内外装を洗練させたトゥインゴがフランスで発表

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」のマイナーチェンジがフランス本国で発表されました。

トゥインゴならではのリアエンジンによる独自のパッケージはそのままに、内外装をリフレッシュしています。前後バンパーはよりスタイリッシュになり、ヘッドライトはCシェイプ・シグネチャーのLEDタイプとなりました。

用意されるエンジンは、998ccの3気筒NAガソリンと、898ccの3気筒ガソリンターボ。NAエンジンは5速マニュアルトランスミッションのみ、ターボにはマニュアルトランスミッションと6速DCTが用意されるというのも従来通りですが、エンジンも改良されているそうです。そのため新しい燃費モードである「WLTP」に対応していますが、その数値は未公表となっています。

インテリアでは、新しい『Renault EASY CONNECT』に対応したヘッドユニットの採用が特徴。アップルCarPlayやAndroid Autoにも対応しています。もちろん、トゥインゴのチャームポイントであるキュートなコクピットの雰囲気もアップグレードされています。

本国仕様のボディサイズは全長3614mm、全幅1646mm、全高1544mm、ホイールベース2492mm。エンジンスペックはNAエンジンが最高出力54kWと48kWの2種類で、いずれも最大トルクは95Nm。ターボエンジンは最高出力68kW、最大トルク135Nmとなっています。

(山本晋也)

『ルノー』の最新記事

ルノー・カングーのユーザー必見!「niko and …」「CAPTAIN STAG」とコラボしたアウトドアアイテムが登場
日常からサーキット走行まで、すべてをカバーする理想のFFスポーツ!?【メガーヌ ルノー・スポール カップ試乗】
ルノーファンよ集まれ! 4月14日に「ルノー・スポール ジャンボリー 2019 in MFF」開催!
井出有治さん待望の「メガーヌR.S. カップ」6MTは、あえてラフに扱っても感触はマイルドだった!(その3)【動画】
「メガーヌR.S. カップ」はしなやかかつ軽やかなのに、スポーティ度はアップ!? これがルノー流スポーツカーの作り方(その2)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事