2018年の新車販売は、前年割れの登録車販売を軽自動車人気が下支え

●スバルの販売台数が大幅減。軽自動車が販売台数を底上げ

自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)集計による、2018年の年間を通した国内新車販売台数は、前年比0.7%増となる527.2万台となりました。

新車投入が相次いだ軽自動車の人気が根強く、192.4万台(+4.4%)と全体を底上げしており、メーカー別ではダイハツ(61.1万台)、スズキ(58.7万台)、ホンダ(36.9万台)などとなっています。

車種別ではホンダ「N‐BOX」やスズキ「スペーシア」等の販売が好調。

一方、登録車については完成車両の検査をめぐる不正の影響で、スバル(−17.2%)の販売が落ち込んだこともあり、334.8万台(前年比−1.3%)と3年ぶりの前年比減に。

トヨタ 147.1万台(前年比 −5.5%)
レクサス 5.5万台(前年比 +20.8%)
日産 42.6万台(前年比 +4.3%)
ホンダ 37.8万台(前年比 −1.1%)
マツダ 17.9万台(前年比 + 5.2%)
スズキ 12.8万台(前年比 +16.6%)
スバル 11.9万台(前年比 −17.2%)

今後も10月の消費税増税(+2%)や、それに合わせた登録車の自動車税減税(最大4,500円/年)が予定されており、新車販売の動向が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連リンク】

自販連(日本自動車販売協会連合会)
http://www.jada.or.jp/contents/data/hanbai/index12.html

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)
https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事