【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】直列6気筒エンジン+ISG+スーパーチャージャーのスムーズな走り

■20年振りの直6を搭載したモデルは「全部のせ」

2018年9月にメルセデスAMG Eクラス、AMG CLS に加わった「53 4MATIC+」。

約20年ぶりに復活を果たした直列6気筒エンジン、エンジンとトランスミッションの間に配置される電気モーターであるISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48Vシステム、電動スーパーチャージャーの組み合わせに加えて、可変トルク配分が行われる走り重視のための4WD(4 MATIC+)でトラクションを担うという、「全部のせ」状態のハイパフォーマンスモデルです。

48VシステムとISGによるマイルドハイブリッドに加えて、電動スーパーチャージャーで過給するというエコと速さを兼ね備えているのが特徴。ISGの利点としては、アイドリングストップからの再始動時にほとんどショックや音を感じさせないのがまず1点でしょう。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事
EQC 後ろ7-3スタイリング
メルセデス・ベンツ初のEVは間違いなく「メルセデス・ベンツ」だった【メルセデス・ベンツ EQC試乗】
日本に上陸したピュアEVの「メルセデス・ベンツ EQC」は高級SUVらしい性能が自慢
メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ/カブリオレにBSG+48Vシステム搭載車と258PS仕様の「E 300 スポーツ」を設定【新車】
ライトやバンパーが一新された、新型メルセデス・ベンツ GLCの変更点をチェック
メルセデス・ベンツの中核SUV「GLC」がマイナーチェンジ。力強い顔つきに変化し、パワートレーンの性能を強化【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事