【東京オートサロン2019】日産ブースの注目はジュークやエクストレイル、エルグランドの超ド迫力カスタマイズモデル

2019/1/11(金)から1/13(日)まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」。ここでは、日産自動車の出展概要をご紹介します。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」を掲げ、クルマの電動化や知能化に向けた技術開発を推進している日産は、同コンセプトを具現化したモデルやわくわくするようなカスタマイズカーを提案するとしています。

今回の東京オートサロンでは、「NISSAN FORMULA E」「NISSAN LEAF NISMO RC」に象徴されるゼロエミッションのレーシングカー、その市販モデルである「LEAF NISMO」をはじめ、2018年9月に日産ブランドアンバサダーに就任したプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手とのコラボモデルである「X-TRAIL + Naomi Osaka Concept」と「NISSAN GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」が出展されます。

そして、次期モデルの存在も気になる「JUKE(ジューク)」のパーソナライゼーションをより進化させたコンセプトカーやNISMOロードカーも登場。

参考出品の「X-TRAIL + Naomi Osaka Concept」は、大坂なおみ選手とエクストレイルのコラボレーションによるコンセプトカー。外観は、大坂なおみ選手が選んだというマットブラックにゴールドをあしらったデザインが目を惹きます。内装には、ブラックの内装色にプレミアムタンレザーのアクセントを加え、上質でスタイリッシュな空間を演出するプライベートカーに仕立てられています。

こちらも参考出品の「JUKE Personalization Adventure Concept」は、多彩なカラーコーディネーションによるカスタマイズが好評を博しているジュークのパーソナライゼーションをより進化させ、ジュークの特徴である俊敏な操作性を実現する「インテリジェント 4×4(トルクベクトル付)」を搭載したダイナミックなコンセプトカー。

外観は、レスキューの走破性を想起させるクローラーとオーバーフェンダーが装着され、さらに「マットホワイト&マットブラック」の2トーンカラーにフローセントグリーンのアクセントが配された新しいパーソナライゼーションの形を提案するとしています。

「ELGRAND The Sports Premium Concept」も参考出品。エルグランドが持つ存在感がより強調されたカスタマイズが施され、エクステリアは、精悍なピアノブラックのフロントグリルとNISSAN GT-Rからインスパイアされたというボディカラー、スポーティな印象を与えるという20インチのアルミホイールに注目。内装には、豪華で上質な赤い本革が採用された特別シートが設定されています。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】
苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話
【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
日産が「e-POWER」で欧州に殴り込み!? 欧州発表モデルに感じた心配事とは?【ジュネーブモーターショー2019】
大阪でも好評の「オーテックブルー」。リーフオーテックへも強い期待

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事