【新車】待望のハイブリッド仕様を追加! ホンダ「ステップ ワゴン モデューロ X」がマイナーチェンジ

2108年12月20日、ホンダ「STEP WGN Modulo X(ステップ ワゴン モデューロ エックス)」がマイナーチェンジを受けました。ホンダアクセスが開発した専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し、ディーラーで販売されるコンプリートカーブランドが「Modulo X」です。

今回のマイナーモデルチェンジの注目は、従来からあるガソリン仕様に加えて、新たにハイブリッドモデルも加わった点。ガソリン仕様は「SPADA・Honda SENSING」、ハイブリッド仕様は「SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING」がベース。

外観は「Dynamic&Sporty」をデザインコンセプトに一新。専用フロントグリルや専用エアロバンパー、灯体のデザインが変更されたほか、リヤまわりは、従来から採用されている専用テールゲートスポイラーや専用エンブレムを踏襲しながら、リヤコーナーガーニッシュを新たにボディカラーと同色化することで、よりスポーティになっています。

外観の装備を詳しく見ると、16インチアルミホイール(ハイブリッド車)、専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装:ガソリン車)、ブラックホイールナット、専用テールゲートスポイラー、専用フロントビームライト、専用ドアミラー、専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)、専用エンジンアンダーカバー、専用リヤロアーディフューザー、専用リヤエンブレム(ダーククロームメッキ)などを用意。

ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール(37,800円)」「プレミアムスパークルブラック・パール(37,800円)」「オブシダンブルー・パール」の3色が設定されています。

ブラックとシルバーを基調とした内装は、専用の本革巻ステアリングホイールや専用インテリアパネルミドルパッドにより、スポーティな中にも上質感を表現したとしています。

そのほか、専用本革巻セレクトレバー(ガソリン車)、専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)、専用フロアカーペットマット、ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)を装備。

走りの面では、ミニバンに最適な剛性を追求したというアルミホイール、専用サスペンションと空力特性を考慮したというエアロバンパーを装着して実走テストを繰り返し、セッティングを熟成したそう。ミニバン特有の外乱に対応し、乗り心地や高速走行時の直進性を追求することで、同乗者にも快適な質の高い移動空間を狙ったそう。

ガソリン仕様「Modulo X Honda SENSING」の価格は、7人乗りが3,510,000円、8人乗りが3,531,600円。7人乗りの「HYBRID Modulo X Honda SENSING」が3,996,000円です。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事

ボディカラーは何を選ぶ?多彩なモノトーン、2トーンが揃う【新型ホンダN-WGN先行公開】
【新型ホンダN-WGN先行公開】ホンダ軽初の渋滞追従機能付ACCで日産デイズ/eKワゴンとガチンコ勝負
ホンダドリームの新店舗が駒沢・徳島・小山にオープン。試乗車の充実ぶりがうれしい!
【新車】貴重な国産5ナンバーワゴンのホンダ・シャトルがマイナーチェンジ
【新型ホンダ・インサイト試乗記】エコランせずに普通に走らせると新型インサイトの実燃費はどうなる?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事