【新車】待望のハイブリッド仕様を追加! ホンダ「ステップ ワゴン モデューロ X」がマイナーチェンジ

2108年12月20日、ホンダ「STEP WGN Modulo X(ステップ ワゴン モデューロ エックス)」がマイナーチェンジを受けました。ホンダアクセスが開発した専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し、ディーラーで販売されるコンプリートカーブランドが「Modulo X」です。

今回のマイナーモデルチェンジの注目は、従来からあるガソリン仕様に加えて、新たにハイブリッドモデルも加わった点。ガソリン仕様は「SPADA・Honda SENSING」、ハイブリッド仕様は「SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING」がベース。

外観は「Dynamic&Sporty」をデザインコンセプトに一新。専用フロントグリルや専用エアロバンパー、灯体のデザインが変更されたほか、リヤまわりは、従来から採用されている専用テールゲートスポイラーや専用エンブレムを踏襲しながら、リヤコーナーガーニッシュを新たにボディカラーと同色化することで、よりスポーティになっています。

外観の装備を詳しく見ると、16インチアルミホイール(ハイブリッド車)、専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装:ガソリン車)、ブラックホイールナット、専用テールゲートスポイラー、専用フロントビームライト、専用ドアミラー、専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)、専用エンジンアンダーカバー、専用リヤロアーディフューザー、専用リヤエンブレム(ダーククロームメッキ)などを用意。

ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール(37,800円)」「プレミアムスパークルブラック・パール(37,800円)」「オブシダンブルー・パール」の3色が設定されています。

ブラックとシルバーを基調とした内装は、専用の本革巻ステアリングホイールや専用インテリアパネルミドルパッドにより、スポーティな中にも上質感を表現したとしています。

そのほか、専用本革巻セレクトレバー(ガソリン車)、専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)、専用フロアカーペットマット、ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)を装備。

走りの面では、ミニバンに最適な剛性を追求したというアルミホイール、専用サスペンションと空力特性を考慮したというエアロバンパーを装着して実走テストを繰り返し、セッティングを熟成したそう。ミニバン特有の外乱に対応し、乗り心地や高速走行時の直進性を追求することで、同乗者にも快適な質の高い移動空間を狙ったそう。

ガソリン仕様「Modulo X Honda SENSING」の価格は、7人乗りが3,510,000円、8人乗りが3,531,600円。7人乗りの「HYBRID Modulo X Honda SENSING」が3,996,000円です。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事

【幻の限定車、中古車で今いくら?】無限のレーシング魂が盛り込まれたホンダ・CR-Z MUGEN RZ
【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場
人気沸騰間違いなし!! ホンダ・クロスカブ110の「くまモン」バージョンが登場
年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】
軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事