働くクルマだからこそ冬場の運転も快適に。日産・NV200バネット バンに「クイックヒーターパック」が新設定

2009年に日本で発売された小型バン(ワゴンモデルもあり)の日産・NV200は、はたらくクルマやキャンピングカーのベース車としても定番となっています。「NV」が付く前も含めると5代目を数えています。

2018年12月10日、NV200バネット バンの仕様を一部変更し、これからの冬場の運転を快適にする「クイックヒーターパック(運転席シートヒーター、PTC素子ヒーター)」をメーカーオプションで新設定しました。

運転席シートヒーターにより、シートの座面と背面からドライバーを直接温めるだけでなく、エアコン内に追加設置された電熱線補助ヒーター(PTC素子ヒーター)により、エンジンの暖機を待つことなく車内の空気を素早く暖めることができます。

クイックヒーターパックの価格は54,000円(税込み)で、グレードにより他オプションとのセットオプションになります。なお、NV200バネット バンの価格帯は、173万4480円〜244万4040円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】
苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話
【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
日産が「e-POWER」で欧州に殴り込み!? 欧州発表モデルに感じた心配事とは?【ジュネーブモーターショー2019】
大阪でも好評の「オーテックブルー」。リーフオーテックへも強い期待

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事