働くクルマだからこそ冬場の運転も快適に。日産・NV200バネット バンに「クイックヒーターパック」が新設定

2009年に日本で発売された小型バン(ワゴンモデルもあり)の日産・NV200は、はたらくクルマやキャンピングカーのベース車としても定番となっています。「NV」が付く前も含めると5代目を数えています。

2018年12月10日、NV200バネット バンの仕様を一部変更し、これからの冬場の運転を快適にする「クイックヒーターパック(運転席シートヒーター、PTC素子ヒーター)」をメーカーオプションで新設定しました。

運転席シートヒーターにより、シートの座面と背面からドライバーを直接温めるだけでなく、エアコン内に追加設置された電熱線補助ヒーター(PTC素子ヒーター)により、エンジンの暖機を待つことなく車内の空気を素早く暖めることができます。

クイックヒーターパックの価格は54,000円(税込み)で、グレードにより他オプションとのセットオプションになります。なお、NV200バネット バンの価格帯は、173万4480円〜244万4040円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

【デトロイトモーターショー2019】EVのコンセプトカー「Nissan IMs」が世界初公開。航続可能距離は600km超
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く
【東京オートサロン2019】日産ブースには、オーテック&ニスモの両ブランドの注目モデルも出展。カスタマイズモデルも必見
【東京オートサロン2019】日産ブースの注目はジュークやエクストレイル、エルグランドの超ド迫力カスタマイズモデル
【新車】「ミッドナイトオパール」をまとう日産・GT-Rの「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」が50台限定で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事