働くクルマだからこそ冬場の運転も快適に。日産・NV200バネット バンに「クイックヒーターパック」が新設定

2009年に日本で発売された小型バン(ワゴンモデルもあり)の日産・NV200は、はたらくクルマやキャンピングカーのベース車としても定番となっています。「NV」が付く前も含めると5代目を数えています。

2018年12月10日、NV200バネット バンの仕様を一部変更し、これからの冬場の運転を快適にする「クイックヒーターパック(運転席シートヒーター、PTC素子ヒーター)」をメーカーオプションで新設定しました。

運転席シートヒーターにより、シートの座面と背面からドライバーを直接温めるだけでなく、エアコン内に追加設置された電熱線補助ヒーター(PTC素子ヒーター)により、エンジンの暖機を待つことなく車内の空気を素早く暖めることができます。

クイックヒーターパックの価格は54,000円(税込み)で、グレードにより他オプションとのセットオプションになります。なお、NV200バネット バンの価格帯は、173万4480円〜244万4040円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

『ウルトラマンタイガ』の劇用車に日産・エクストレイルが登場
ルノー・日産連合がグーグル系ウェイモと無人運転の完全自動運転分野で連携へ
日産自動車が「ニッサン インテリジェント モビリティ」で描く未来像を展示【CES Asia 2019】
2019年4月入社の新人を含めた新体制の「日産ミスフェアレディ」を発表
日産・ノートが126点満点中122.3点で最高評価の「ASV+++」を獲得【2018年度自動車アセスメント】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事