【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】カローラ スポーツ誕生記念。歴代カローラのデザインを振り返る!(11代目・最終回)

80~90年代の日本車デザインを振り返る本シリーズ。今年6月、あらたにカローラ スポーツが登場したのを機に、番外編として歴代カローラのデザインを振り返ります。

初代以降、基本的には拡大を続けてきた歴代モデル。しかし、セダンとしては現行型となる2012年発表の11代目は、原点回帰を掲げてダウンサイジングを敢行。大人4人が快適に乗れる、ミニマムサイズのクルマを標榜しました。「ビッグスペースコンパクト」をコンセプトとするボディは、全長で先代比マイナス50mmと大幅減。小回りの利くボディは、しかしパッケージングに工夫を施し、一方でリアの膝前スペースを拡大しました。

後退させたAピラーは可能な限り細くし、かつフロントウインドウを深くラウンドさせることで視界を大幅に改善。「安心・安全・快適に長距離を移動できる」という開発の狙いに合致させます。水平基調かつボクシーなボディは、あたかもヒットした5~6代目を現代に復活させたかのよう。ただし、同じく水平に伸びるキャラクターラインは少々曖昧で、当時のようなメリハリやシャープさを打ち出すには至っていません。

厚みを持たせ、ランプとグリルを一体化したフロントフェイスや、正方形に近いリアランプもまた当時の面影を彷彿とさせますが、やはりボディの中で特別な役割を果たしておらず、単なるノスタルジーに思えてしまうのが惜しいところです。

操作性を追求したインパネは低く、視界の広さを確保。ただ、コンパクトにまとめたダッシュなどは、同時に貧相なイメージを与えてしまいかねないもので、独特の形状とともにその意図が容易には読めません。

使いやすさを狙い、原点回帰すること自体に問題はありませんが、たとえば5~6代目の「よき時代」をモチーフにするのであれば、そのエッセンスを現代の感覚で再構築する必要があります。

11代目はその過程が見えず、単に当時をなぞったかのように思えてしまうのが残念。結果、最新のトヨタデザインによって緊急手術を受けることとなり、さらに意味不明なスタイルになってしまったのは実に皮肉なところです。

さて、間もなく登場の12代目セダンは、果たして新たなカローラ像を提示することができるのでしょうか?

●主要諸元 トヨタカローラ アクシオ 1.5 LUXEL(CVT)
型式 DBAーNZE161
全長4360mm×全幅1695mm×全高1460mm
車両重量 1090kg
ホイールベース 2600mm
エンジン 1496cc 直列4気筒DOHC
出力 109ps/6000rpm 13.9kg-m/4800rpm ※ネット値

(すぎもと たかよし)

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

日米デザイナーの熱意がマツダを変えた! レジェンドが語る初代ロードスターのデザイン開発秘話【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】
トールボーイが話題となりワンダーシビックに繋がった、ホンダの新世代デザインは「初代シティ」から始まった!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
ソアラ、スープラ、マークII、MR2、セルシオ、カリーナED…80年代トヨタ車のチャレンジデザイン!【AUTOMOBILE COUNCIL 2019】
感性豊かな中高生の才能を引き出せ! カーデザインコンテストが世界をリードする一流デザイナーを育てる

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事