【新車】トヨタ・ピクシス バンのMT車に「スマートアシストⅢ」を搭載。リヤコーナーセンサーなどの安全装備も拡充

ダイハツ・ハイゼット カーゴのOEM仕様であるトヨタ・ピクシス バンも12月10日に一部改良を受けました。なお、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店および、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のある一部のトヨタ店、トヨペット店でも取り扱いされています。

今回の一部改良では、ダイハツ・ハイゼット カーゴと同様に従来のAT車に加えてMT車にも歩行者も検知対象とする衝突回避支援ブレーキ機能や、ハイビーム・ロービームを自動で切替え、夜間の前方視界確保をサポートするオートハイビームなどからなる衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を新たに設定されています。標準装備されるのは、クルーズターボ“SAⅢ”、クルーズ“SAⅢ”、デラックス“SAⅢ”、スペシャルクリーンバージョン“SAⅢ”、スペシャル“SAⅢ”。

また、左右後方の障害物を検知して警告音で知らせるリヤコーナーセンサーや、走行中に強くブレーキを踏んだ場合、ブレーキランプ点灯と同時にハザードランプが点滅するエマージェンシーストップシグナルなどの安全装備も充実しています。こちらも上記グレードに搭載されています。ピクシス バンの価格帯は934,200円〜1,495,800円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】ダイハツ・ハイゼット カーゴのMT車にも「スマートアシストⅢ」を標準装備。ほぼ全ての商用車に「スマアシ」を搭載完了
https://clicccar.com/2018/12/11/666199/

『トヨタ自動車』の最新記事

塚本奈々美、2年目のTGRラリー参戦は新チームGR TOKYO Racingから!
「GT4」を想定したスタディモデル「GR Supra GT4 Concept」が発表【ジュネーブモーターショー2019】
トヨタが「Toyota Safety Sense」とドライブレコーダーの画像データを使った高精度地図自動生成の実証実験を開始
寿命を全うしたトヨタ「プリウス」の電源装置が水力発電システムとして蘇る!
トヨタが年内に「自動運転」研究開発拠点を北京・上海に開設する理由とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事