【TGRF2018】600馬力のスペシャルな「トヨタ・ハイラックス」がTGRFでドリフトをキメる!

11月25日に富士スピードウェイで開催されたTOYOTA Gazoo Racing Festival 2018(TGRF2018)。

豊田章男社長らが参加したオープニングセレモニーが終わるとメインストレートではTEAM TOYO TIRESのドリフトパフォーマンスが繰り広げられます。TOYOTA 86やR35GT-Rなど見慣れたドリフトマシンとともに颯爽と登場したトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。

ドリフトパフォーマンスをTOYOTA 86などと競演するその姿はとんでもない迫力。

このハイラックスはドリフト用にチューニングされたモンスターハイラックスで、そのパワーは600馬力オーバーとのこと。

他のドリフトマシンに比べればかなり大柄といえるハイラックス。しかし、その大きさとは裏腹に小気味よくキマるドリフトを披露。そしてさすが600馬力だけあって、そのタイヤスモークは半端じゃない!

その弩迫力なハイラックスのドリフトを支えていたのが、TOYO TIRESのスポーツタイヤの頂点、PROXES R1-R。メインストレートのドリフトパフォーマンスを見ていたレースクイーン・霧島聖子ちゃんも、ハイラックスをそばで見てみたいと展示されていた富士スピードウェイのドリフトパークまでやってきてしまうほど、観ていた観衆には多大なる興奮を与えていたのです。

この大迫力を通り越して弩迫力と言ってしまうハイラックスのドリフト。写真では伝わりにくいかもしれませんので、動画もあわせてご覧下さい。

この見た目の迫力に走りの迫力は超弩級。ハイラックスのような迫力のあるマシンがD1グランプリに出てきてくれたらかなり面白いと思うのは筆者だけではないと思います。この走りをもっと見てみたい!

(写真:高橋秀彰 動画:松永和浩 文:松永和浩)

『トヨタ自動車』の最新記事

【新車】トヨタ・コースターがマイナーチェンジ。 ディーゼルエンジン仕様に尿素SCRシステムを搭載し、エコカー減税の対象に
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事