米ロサンゼルス・オートショーでプリウスのマイナーチェンジモデルが公開。国内仕様はどう変る?

トヨタ自動車が米国のロサンゼルスで開幕したLAオートショー 2018において、「プリウス」の2019年モデルを公開しました。

2015年のフルモデルチェンジで4代目となったプリウスも発売から3年を経て、本年4〜9月の国内販売台数が前年同期比で約31%減の状況となっており、同期間において首位の日産「ノート」に約9千台の差をつけられるなど、勢いに陰りが見えています。

そうしたなか、12月17日に国内でマイナーチェンジが予定されており、その外観は今回のLAショーで公開された仕様に準じていると予想されます。エクステリアで目を引くのは何と言っても前後のランプ意匠でしょう。

ヘッドランプ下部の「トゲ」が廃されて下辺がフラットな形状に改められ、テールランプについても縦長に伸びた個性的な意匠から下辺が車両内側に回り込んだ一般的な意匠に改められるなど、落ち着いたデザインとなっています。

3代目プリウスが2009年5月の発売以降、トヨタの国内販売を背負う看板モデルだっただけに、4代目についてもより多くの消費者に受け入れられるようなデザインに改めたいとする同社の思いが透けて見えるようです。

いずれにしても、目前に迫った国内発売が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタがプリウスを12月17日にマイチェン? 前後意匠をPHV風に変更か
https://clicccar.com/2018/11/26/658583/

『トヨタ自動車』の最新記事
さすがに大きいグランエース。乗用系だけでなく商用系の登場が待たれる【トヨタ・グランエースG試乗】
トヨタが工場環境と製品機能の向上を両立したアルミ鋳造技術を開発し、第66回「大河内記念生産賞」を受賞
GR Supra GT CUP
オンラインでモータースポーツの魅力を発信する「e-Motorsports Studio」をTOYOTA GAZOO Racingが開設
トヨタ 認定中古車
トヨタが認定中古車ブランドを「トヨタ認定中古車」に一新。販売、仕入れ、卸売りなども強化
フレックス ハイエース
FLEX Renoca(リノカ)にトヨタ・ハイエース200系のオリジナルフェイス「コーストライン」の愛らしい丸目ライトが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事