目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】

今から遡ること32年前の1986年当時。ゼロヨンタイムの目標は10秒台でした。スペシャルな専用DRAGマシンでも、それが目標タイム。なんとも時代を感じるお話ですね。

前回その1では、この日のトップタイム10秒52をマークした「タカハシレーシング・コルベット」を紹介しました。今回のその2では、BEST2に入った大阪「オートセレクト・S30Z」と、この日の谷田部模様などをいってみましょう!

・・・・・・・・・・・・

オートセレクト・S30Z L型2750ccツインターボ
ストリート仕立てでコンスタントに11秒台はさすがの実力!

●神経使うのはやはりスタートですね
ドライバー:澤 誠二郎

エンジン組み上げたばかり、谷田部も初めてというわけで、始めのうちはガス、インジェクターのセッティングを進める感じでトライしてみたんですわ。谷田部は富士(FISCO)に比べて路面の食いつきがいいですね。

このクルマは元々ドラッグマシンじゃなくストリート用なんやけど、直進性はめっぽういいんですね。カウンターあてるんだってチョン、チョンてな感じですね。スタートは8500rpmでクラッチミート、9000rpmでシフトアップします。スタート時はパワーかけすぎてもペケ。ストールしてもケペでやはり神経使いますわな。

11秒28のタイムはエンジンがバラついていた時のもんで、タイヤ径をもう少し大きく上げてやれば10秒台は確定!という感触ですわ。

●メカニズムチェック

谷田部ゼロヨンに初参加のオートセレクトは、L型+ツインターボエンジン搭載のS30Zでトライしてきた。エンジンはボア×ストロークが89.0×73.7mm。ボアはアップ、ストロークはL24クランクを使いショート化され高回転重視のチューン。総排気量は2750cc。

ピストンはマーレー製F2用鍛造。バランス取りされてFJ20コンロッドと組み合わされる。圧縮比は7.0と低めだ。ヘッド関係では燃焼室加工と320度の作用角をもつカムシャフト、IN46.5、EX38φのビッグバルブが組み込まれている。

タービンはKKK製K26タービンをツインで装着。インペラーハウジングはK27タービンより大きいものを使用し、エキゾーストハウジングは8番。吸気系はOER50φを使用。追加インジェクターは400cc/分を4本、220cc/分を1本と計5本で、ブースト圧0.7kg/cm2よりドライバーが手動でスイッチを入れるようになっている。

インタークーラーはHKS製S130用SPLタイプ、オイルクーラーは日産レース用とマツダロータリー用のコアを組み合わせて使用、。これらのチューンにより最高出力650ps! レブリミットは9000rpmを可能にしている。

『Play Back The OPTION』の最新記事

1986のゼロヨン模様。雨宮7にチョロQ・Z、超えろ10秒の壁!その3【OPTION 1986年1月号より】
【昭和最後】の日から【平成最初】の日にかけて行われた、東京オートサロン1989。雨さんからOPTIONラーメンまで全部見せます!【Play Back the OPTION Spin off】
目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】
ドアが飛び、エンジンブローに見舞われた悲しきOPT・MR2。その中身をチェック!・その3【OPTION 1985年1月号より】
井出有治選手や韓流スターが参戦する韓国のスーパーレース「キャデラック6000」は、生き残りゲーム的サバイバルレース!?【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事