ベントレー、2025年までにEV発売へ。プラットフォームに「PPE」採用

ベントレーの新CEOイドリアン・ホールマーク氏は、ロイターとの会合で、025年までに、初となる完全エレクトリックモデルを市場へ投入することを示唆しました。

具体的な話まではしていませんが、「エコ」に沿ったEVモデルへシフトすると見られます。同氏はスポーツカーに積極的でなく、ベントレーにとって大きな方向転換となりそうです。

また米「Automotive News」誌は、この新型EVにアウディとポルシェが共同開発した「PPE」(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)を採用し、2021年に登場すると報じています。ベントレーは、2017年に電気自動車「EXP 12 Speed 6e」を初公開していますが、これはスポーツモデルのため、エクステリアは大きく異なることが予想されます。

航続距離に関して明言はさけていますが、「ロンドンとパリ、またはミラノとモナコ」程度だといい、283マイル(約456km)と示唆しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?
クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事