目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】

0→100mはスタートダッシュ勝負!
→200mはシグナルGPレベル
→400mは終速180km/hオーバーの世界なのだ!

ゼロヨンマシンのシフトアップポイントはギヤ比のセッティングで当然、変わるが、オーソドックスな5速ミッションの場合、おおよそ次のようになる。

スタート後100mまでに1→2速、200mまでに2→3速のシフトチェンジがあり、それ以降、3速踏みっきりか3→4速シフトアップというわけだ。100m地点のタイムは速いのに200mで遅くなったなんてケースは、2→3速のシフトが……と予測すれば、当たらずとはいえ遠からずと考えていい。しかし、一線級のドライバーはさすがに上手いもんだね。

参考までにノーマルRX-7のゼロヨンデータも付け加えておいた。もちろんRX-7だってストリートでは抜群の速さなんだけど、こうやって比べると……ゼロヨンチューンドの際立った速さ(特に200→400m)はぶっ飛びものだ!

・・・・・・・・・・・・・・

やればやるほど奥の深いゼロヨン。今現在も大阪湾岸やタイムアタック、レースの世界でも実力を発揮するオートセレクトはさすがの実力でこの日の2番手タイムを記録しました。では以降、3位以下をどんどんと紹介していきます!

[OPTION 1986年1月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの

【関連記事】

目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】
https://clicccar.com/2018/10/25/643174/

『Play Back The OPTION』の最新記事
バンクを走る7Mソアラ
STEP2で355ps・259km/h!「トラスト・スーパー7Mソアラ」の使用パーツを大公開!・その2【OPTION 1986年8月号より】
トラスト7Mソアラ
「トラスト・スーパー7Mソアラ」、マフラー+懐かしのRebic+TVVCでのブーストアップのみで259km/h!・その1【OPTION 1986年8月号より】
クラッシュした300ZX
我が軍団、玉砕す! OPT300ZX、富士耐久レース3戦目…フォーメーションラップで散る!その2【OPTION 1986年2月号より】
クラッシュした300ZX
嗚呼悲劇。やっちまったゼ、ターザン山田! OPT300ZX、FISCOに壊滅す…その1【OPTION 1986年2月号より】
「トラスト・スーパー7Mソアラ」は、マフラー交換のみで凄い記録が出た!・その3【OPTION 1986年7月号より】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事