007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

アストンマーティンは、6月に究極のスーパーGT「DBS スーパーレジェーラ」を日本公開しましたが、派生モデルのオープンカー「DBSスーパーレジェーラ ヴォランテ」をフルヌードの状態で初めてカメラが捉えました。

「DBS」は2012年に生産が終了した後、後継モデルとなる「ヴァンキッシュ」へ世代交代しました。今年6年振りに「DBS」の名称が復活、「ヴォランテ」はその第二弾となります。

小雨の中で捉えた開発車両は、テールライトに僅かなカモフラージュが施されていますが、ほぼフルヌードと言っていいでしょう。ルーフにはファブリックトップを採用、クーペ同様にメッシュの大型ラジエーターグリルや、ボンネットにはデュアル・エアスクープを備えています。

またフロントスプリッター、リアディフューザー、アクティブリアウィングなどアグレッシブなエアロパーツも見てとれます。

その心臓部には、ZF製8速ATと組み合わされる5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力725ps、最大トルク900Nmを発揮します。また0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は340km/hというハイパフォーマンスを持っています。

2007年に登場した「DBS V12」は映画「007カジノ・ロワイヤル」のボンドカーとして登場しています。007シリーズは、2020年にも最新作「ボンド25」(仮題)が控えており、新型モデルの再登場があるか注目されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アストンマーティン100周年モデルは「DBS GT Zagato Centenary」で確定? 驚きの販売方法とは
これが新フロントマスクだ! 日産・ジューク次期型をキャッチ
新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載
ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事