AMGを圧倒する破壊力。新型BMW X6M、クラス最強の620馬力へ

BMWのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「X6」のハイエンドモデルとして設定される「X6M」の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

注目されるパワートレインは、弟分「X5M」次期型と同じ4.4リットルV型8気筒Mツインパワーターボ「S63」エンジンを搭載します。「X6M」専用にチューンされた最高出力はクラス最強の620psとも噂されており、ライバルであるメルセデスAMG「GLE63クーペ」の585psを凌駕します。

BMW最新の「CLAR」軽量プラットフォームの採用とあわせて、過去最高のパフォーマンスを発揮すると予想されます。

至近距離で見た開発車両は、その迫力に圧倒されます。巨大なキドニーグリル、ベースモデルより大型のエアインテークや、大径ホイール、クロスドリル・ローターを備えるMブレーキ・キャリパー、サイドシル、クワッドエキゾーストパイプなど、かなり攻撃的なエクステリアが見て取れます。

ベースモデルの「X6」は2019年にリリース予定で、「X6M」は2020年以降となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツのスーパーカー「SLR」が復活!? コンセプトモデルとしてサプライズ登場の可能性も
BMW「8シリーズ グランクーペ」最強モデルの「M850i グランクーペ」、公開直前にフロントフェイスが完全露出
復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事