どこが変わった!? ポルシェ・911新型と現行モデルが2ショット

ポルシェ「911」次期型(992型)が、現行モデルを引き連れてテスト走行を行いました。

先頭を走るイエローが次期型、後ろのブルーが現行モデルです。こうして並ぶとその進化が見てとれます。

フロントマスクでまず目に入るのは、ヘッドライトの違いです。次期型には「Xダイナミックライト」が装備されています。

さらに新型には、スクエア基調になったバンパーのエアインテークや、ボンネットに採用された1970年代から1980年代に生産された空冷タイプの「911」を彷彿させるデザインが確認できます。

リアビューでは、テールライトが大きな進化を見せているようです。次期型では、薄くなり左右をつなぐストリップライトが採用されます。これは「カイエン」「マカン」新型でも見られる同様のタイプとなります。

ナンバープレートは、バンパー下部へ移動し、その両サイドにクワッドエキゾーストパイプが設置。よりスポーティーな新デザインとなっています。

新型のパワートレインは3リットル水平対向6気筒ターボエンジンが予想され、最高出力は390psを発揮すると見られています。高性能「S」は、最高出力450psへと向上する可能性があるようです。

さらに4リットル水平対向6気筒ターボが予想される「GT3」は510ps、「ターボ」は最高出力600psとも噂されています。

ワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが最有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビュー間近のBMW X1改良型をキャッチ。初設定されるPHEVモデルのEV航続距離は42km以上
メルセデス・ベンツ 新型CLAシューティングブレークはリアビューが超進化。デビューは2019年秋?
大げさ過ぎるテールライトの偽装が示唆するのは…… メルセデス・ベンツ Eクラスのセダン新型プロトタイプをキャッチ
トヨタ怒涛の新車ラッシュはスープラから!2021年までに「セリカ」や「MR2」など19車種発売へ
マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事