【新車】ダイハツ・トールが一部改良。「スマートアシストⅢ」など安全装備を強化し、特別仕様車「リミテッド」を設定

コンパクトでありながら背の高いフォルムにより広い室内を実現しているダイハツ・トール。

昔から軽自動車、登録車を問わず使われているパッケージングの手法で、制約あるサイズながら車内の広さや取り回しの良さなど、使い勝手の良さを実現しています。小さな子どもがいるファミリーに使いやすい設計が魅力。

11月1日に受けた一部改良では、 車両や歩行者に作動するエマージェンシーブレーキの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」や前後コーナーセンサーを標準装備することで安全性を向上(Xを除く全グレードに標準装備)。

さらに、トール、トールカスタムに特別仕様車「リミテッド」シリーズが設定されています。

4つのカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、もしくはナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を設定。こちらはパノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパックとして標準装備。ディーラーオプションの純正ナビを選択した場合はナビ画面に表示されます。

さらに、人気装備のシートバックテーブルを含む「コンフォータブルパック」も標準化されています。また、「トールG“リミテッドSAⅢ”」には、メッキ エアコンレジスターノブやメッキインナードアハンドルが採用され、センタークラスターパネルやドアトリムなど、随所にピアノブラック塗装やシルバー加飾が施されることで、スタイリッシュで上質なデザインになっています。

さらにカスタム専用の2トーンの選択も可能で、カラーコーディネイトの自由度も高まっています。ダイハツ・トールの価格帯は、1,463,400円〜2,057,400円です(特別仕様車「リミテッド」シリーズを含む)。

(塚田勝弘)

『ダイハツ』の最新記事

新型ダイハツ・タントが2019年7月に登場。日産三菱陣営も新型モデルの登場間近?
ダイハツ新型タントは7月デビュー! エンジン・CVT・ボディ・サスペンションのすべてが新しい!!
ダイハツ・ムーヴキャンバスに2トーンカラーの特別仕様車が設定【新車】
ダイハツの後付け安全装置「つくつく防止」が旧型ムーヴ(4代目)とミラ(7代目)にも対応
【新車】ダイハツがマレーシア向けに7人乗りコンパクトSUVの「アルス(ARUZ)」を発売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事