中国資本でスウェーデン生まれ。Lynk & Coの「03」は、ボルボXC40と同じ「CMA」を採用した新型セダン

中国のジーリー(浙江吉利控股、吉利汽車)とボルボが共同出資して誕生した新ブランド「Lynk & Co(リンク・アンド・コー)」。第3番目のモデルとなるセダンの「03」のグローバルローンチイベントが富士スピードウェイで開催されました。

なお、「01」はXC40をベースとしたミドルサイズSUV、「02」はクロスオーバーモデル、そして「03」は中国市場で売れ筋のセダンとなっています。

デザイン担当のアンドレアス・ニルソン氏は、2016年にシニア・バイスプレジデントに就任し、Lynk & Coの全モデルのデザインを取り仕切っているそう。経歴は、1999年からボルボでのキャリアをスタートさせ、初代XC90、XC60などのプロジェクトに参画。

05年にフォードのデザイン・マネージャーになり、「フォード・インターセプター・コンセプト」、「エクスプローラー・アメリカ・コンセプト」、リンカーンなどを担当。

2009年にボルボに再入社し、S90にインスピレーションを与えたという「ボルボ・コンセプト・ユニバース」のデザインをマネージメントした後、ボルボが採用しているタッチスクリーンへの移行のリード役も務めています。同氏によると、Lynk & Coの「03」は、(01と02モデルも含めて)東西のテイストを盛り込んだデザインが特徴だそう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事