スープラも参加。MINIクラブマンJCW改良型、300馬力の「M」パワーをゲット!

トヨタ「スープラ」市販型プロトタイプと開発テストをおこなう、BMW・MINI「クラブマンJCW」改良新型プロトタイプを目撃しました。

キャッチしたプロトタイプは、ラジエーターグリルメッシュやコーナーエアインテークのデザインが刷新されアグレッシブに。またテールライトのグラフィックやバンパーにも改良が加えられている他、エキゾーストパイプも大型のものを装着しているのがわかります。

BMWは、先日コンパクトSUV『X2』に、最強となる「M35i」を設定することを発表しました。搭載されるエンジンは、「Mパフォーマンス」が専用チューンした直噴2リットル直列4気筒ガソリンターボで、最高出力は306psを発揮します。これが「クラブマンJCW」に移植される可能性があるようです。最高出力が同レベルになるかは定かではないですが、300ps近くまで高められる可能性はあるようです。

コックピットの写真は、先日捉えた「MINI エレクトリック」(仮称)のデジタル・キャビンですが、「クラブマンJCW」改良新型にも採用されるかどうか注目されます。ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型フォード・フォーカス、270馬力の高性能「ST」がニュル激走!
メルセデス・ベンツ「CLAシューティングブレーク」、日産GT-Rの技術搭載で存続決定的に!
スバル、新型ホットハッチを開発中の噂! 2020年WRC復帰を狙う
ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事