スープラも参加。MINIクラブマンJCW改良型、300馬力の「M」パワーをゲット!

トヨタ「スープラ」市販型プロトタイプと開発テストをおこなう、BMW・MINI「クラブマンJCW」改良新型プロトタイプを目撃しました。

キャッチしたプロトタイプは、ラジエーターグリルメッシュやコーナーエアインテークのデザインが刷新されアグレッシブに。またテールライトのグラフィックやバンパーにも改良が加えられている他、エキゾーストパイプも大型のものを装着しているのがわかります。

BMWは、先日コンパクトSUV『X2』に、最強となる「M35i」を設定することを発表しました。搭載されるエンジンは、「Mパフォーマンス」が専用チューンした直噴2リットル直列4気筒ガソリンターボで、最高出力は306psを発揮します。これが「クラブマンJCW」に移植される可能性があるようです。最高出力が同レベルになるかは定かではないですが、300ps近くまで高められる可能性はあるようです。

コックピットの写真は、先日捉えた「MINI エレクトリック」(仮称)のデジタル・キャビンですが、「クラブマンJCW」改良新型にも採用されるかどうか注目されます。ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載
ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?
クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事