過去に取り扱った全車種も対象。GMジャパンが「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」の提供を開始

GMジャパン(ゼネラルモーターズ・ジャパン)は、損害保険会社の自動車保険に無償付帯サービス「オリジナル補償」を加えた自動車保険プログラム「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」を2018年10月1日(月)から全国の正規販売店で提供すると発表しました。

数多くのブランドを抱えるGM。「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険」の対象車両ブランドは、GMがこれまでに取り扱った全車種(中古車を含む)で、キャデラック・シボレーのほか、ハマー、オペル、サーブ、ビュイック、ボンティアック、GMC、サターンと多岐にわたっています。

「オリジナル補償」としてプラスされるのは、飛び石などの飛来物、落下物によるフロントガラスの損害を補償する「ガラス補償」。走行時に障害物との接触やいたずらなど、タイヤへの単独損害を補償する「タイヤ補償」。さらに、落書き、いたずらによるボディ損害を補償する「ボディ補償」も用意されます。なお、支払い限度額は、「ガラス補償」が90,000円、「タイヤ補償」が45,000円、「ボディ補償」が45,000円。

また、専用窓口として「ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険専用デスク」のサービスが利用可能で、また、独自の保険料支払い方法として「ローンプラン」を選択できます。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

ゼネラルモーターズ・ジャパン自動車保険
https://www.gmjapan.co.jp/insurance/index.html

『キャデラック』の最新記事
【新車】新型キャデラック CT6は、世界初の「自律航法マップマッチング」対応ナビを搭載
【新車】「キャデラック エスカレード SPORT EDITION」は全身ブラックアウトされた特別仕様車
【新車】キャデラックのブランニューモデル「CT5」は半自動運転機能を採用
【新車】キャデラック・クリスマスパーティでフェイスリフトした新フラッグシップをはや見せ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事