【新車】3列7人乗りの輸入ミニバン「グランドC4ピカソ」が「グランドC4スペースツアラー」に改名

マツダがミニバンから撤退し、SUVにシフトしている例からも分かるように、世界的なSUVブームになっています。

一方で休日の高速道路、サービスエリアあるいは、大型ショッピングモールで主役を張っているのがミニバン。実際には日本はまだまだ「ミニバン大国」であることを実感します。そんな中でも輸入ミニバンの数は少なく、シトロエンC4ピカソは貴重な存在といえます。

PSAのモジュラープラットフォーム「EMP2」を採用するシトロエンC4ピカソには、2列シートの5人乗りに加えて、3列シートの7人乗り「グランドC4ピカソ」がありました。過去形になったのは、9月25日にグランドC4ピカソが「グランドC4スペースツアラー」にモデル名を変更したから。

車名を変えた理由は明らかにされていません。想像するに、従来の2列5人乗りのシトロエンC4ピカソと、3列7人乗りのグランドC4ピカソの違いは車名からは分かりにくく、「C4ピカソ」と一括りにされる可能性が高そうでした。それでも発売以来、順調な販売台数を記録し、一時期ブランド全体の3分の1の登録台数を誇っていたそうですから、日本市場でのミニバン人気がうかがえます。

今回の車名変更で、3列7人乗りシートである「グランドC4スペースツアラー」の存在感をより高める、つまり、差別化が図られたように思えます。

新生グランドC4スペースツアラーは、2列目もほぼ平等に3分割された完全独立式の7人シートを配置。さらに、広大なフロントスクリーン、5.7㎡に達するクラス最大級のパノラミックガラスルーフなども魅力。

また、今回の変更にともないiPhoneのスマホ連携システムである「CarPlay」に対応。電話、SMS、音楽再生、音声コントロールの利用はもちろん、最新OSがiOS12にアップデートされたことで、各アプリメーカーよりリリースされる予定のサードパーティー製CarPlay対応ナビアプリも利用できるようになります。

「グランドC4スペースツアラー」の価格は、1.6 Lの直列4気筒ターボを積む「GRAND C4 SPACETOURER SHINE(シャイン)」が3,550,000円、2.0 L直列4気筒ディーゼルターボを積む「GRAND C4 SPACETOURER SHINE BlueHDi」が3,800,000円です。

(塚田勝弘)

『シトロエン』の最新記事

【新車】ベストセラーのシトロエンC3とセントジェームスがコラボした「C3 × SAINT JAMES」が登場
【新車】シトロエン「C5 AIRCROSS SUV」は、乗り心地やシートなど「快適性」に徹底的にこだわった新作SUV
【新車】2019年夏に導入予定のコンパクトSUV「シトロエン C3 AIRCROSS」を全国で先行展示
【新車】日本で最も売れているシトロエン車の「C3」にブランド創業100周年を記念した特別仕様車が登場
シトロエン・グランドC4スペースツアラーがパワートレーンを一新。特別仕様車の「ORIGINS」も同時設定

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事