フォルクスワーゲン・ビートルが生産終了。波乱の末に生まれた後継車ゴルフとは?

フォルクスワーゲン・ビートルが2019年をもって生産を終了しますが、ここでは初代ビートルの大役を引き継いだ名車、ゴルフ誕生の経緯についてお話しましょう。

ビートルの大人気が仇に

第2次大戦終戦とともに本格的な生産が始まった初代ビートルが、空前の大ヒット車となったことはすでに書いた通りですが、1960年代になると、かえってこの人気がフォルクスワーゲンを苦しめるようになります。ビートルのイメージがあまりに強烈すぎて、順当な世代交代が行えなくなったのです。

フォルクスワーゲンは、1961年に「タイプ3」という乗用車を発売しました。このクルマはビートル同様空冷リアエンジンでしたが、ビートルよりもモダンな外観を持ち、室内やトランクもはるかに広大でした。ところがこのクルマはビートルを代替できるだけの魅力に欠け、世代交代のけん引役とはなれませんでした。

FF車ミニの衝撃

いっぽうで自動車技術の進化は続き、小型車の世界にも変革が起きます。中でも1959年にBMC(ブリティッシュ・モーター・カンパニー)が発売したミニは衝撃的で、横置きエンジンで前輪を駆動するFFレイアウトを採用、圧倒的な居住空間を実現していました。

ミニのような2ボックススタイルに未来を感じたフォルクスワーゲンは、ビートルの後継車を同種のスタイルとすることに決め、1965年、長年のパートナーであるポルシェに開発を依頼します。開発を任されたのはフェルディナント・ピエヒ氏。初代ビートルを手がけたフェルディナント・ポルシェ博士の孫であり、後にアウディで4輪駆動システム「クワトロ」を開発、さらにフォルクスワーゲンで会長まで上り詰める人物です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事