日産から「アルピーヌA110」ベースの新型ミッドシップが誕生!?

アルピーヌ「A110」の日産バージョンが計画されている可能性があることがわかりました。

アルピーヌは、1995年以降活動を停止していましたが、2017年に復活し「A110」を発表しました。アルミ製プラットフォームを採用して軽量化を実現。ルノー日産アライアンスが開発したユニットをアルピーヌとルノースポールのエンジニアが共同でチューンして搭載するミッドシップ・2ドアスポーツカーです。

日産のミッドシップ・スポーツと言えば、1987年に公開されたコンセプトカー、「MID4-II」を思い出します。最高出力330馬力のV型6気筒DOOHCツインターボ+インタークーラーを搭載。注目を集めるも市販化は見送られました。

新型モデルは、「A110」とプラットフォームを共有し、独自デザインを取り入れた日産バージョンとなります。予想CGでは、フロントマスクのV型グリルをライト部まで伸ばし、一体感を強調。ライトデザインも単に直線するのではなく、ボデイに合わせカーブさせることでよりシャープに。下開口部は大型化&大胆なデザインでよりアグレッシブさを演出しました。

またサイドは、フロントからウインドウ、リアゲートまでつながるラインとリア、フロント、アンダーの吸気口をつなげたラインが特徴。ミッドシップらしく上下に吸気口を設けたのは、冷却効果をアップするためです。

プロジェクトが実現すれば、パワートレインはルノー日産アライアンスが開発した1.8リットル直列4気筒ガソリンターボユニットを、日産独自にチューンすることになるはずです。市販化は2020年と噂されており、実現すれば実に33年ぶりの日産ミッドスポーツ誕生となります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

名車「ディーノ」が復活か!? フェラーリのV6ハイブリッド開発車両をスクープ
アウディ・Q4のハイパフォーマンスモデル「RS」を初キャッチ。420馬力のガソリンエンジンを搭載
年内にも初公開? BMW・M8ファミリーの第3弾、630馬力の「グランクーペ」をキャッチ
フォルクスワーゲンの次世代EV第1弾の名称は「ネオ」!?
スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事