北海道のオススメ紅葉スポット10選・後編【車中泊女子の全国縦断記】

北海道最高峰の大雪山系周辺は9月下旬に紅葉の見頃を迎えますが、道南方面の見頃は10月初旬以降となります。北海道のオススメ紅葉スポットを巡る旅、後編は徐々に南下しながらご紹介します。

あまり紅葉のイメージはないかも知れませんが、「まりも」で有名な阿寒湖(釧路市阿寒町)でも紅葉が楽しめます。遊覧船で湖上から雌阿寒岳や雄阿寒岳を眺めながら湖岸の紅葉を愛でたり、ボッケ遊歩道を散策するのもオススメです。

湖畔のホテルでは湖を一望しながら日帰り入浴ができますし、阿寒ネイチャーセンターではカナディアンカヌー体験もできますよ。阿寒湖から約20kmのオンネトーも素晴らしい景色ですが、道幅が狭く駐車スペースも少ないため注意が必要です。

然別湖(鹿追町)も鮮やかな紅葉に包まれます。観光遊覧船があり、然別湖ネイチャーセンターではカヌー、カヤックなどアウトドア体験もできます。時間と体力があれば東雲湖トレッキングも楽しめますし、汗をかいたら湖畔のホテルで日帰り入浴もできます。

また9月15日〜10月21日まで、紅葉の名所である福原山荘が特別公開されます。開放時間は9:00〜16:00、入場無料です。

かんの温泉・然別峡野営場(9/30まで)へ向かう道道1088号は通行止めが解除されています。山田温泉(休業中)・然別湖畔北岸野営場(9/30まで)へ向かう道道85号線は途中から閉鎖されていますので糠平方面に通り抜けることはできません。

美瑛町の白金温泉郷にある白髭の滝は、滝にプラスして青い川と紅葉も観られるという贅沢な絶景スポット! 自然岩の間から染み出た地下水が、コバルトブルーの美瑛川に流れ落ちる様はとても優雅です。そこに紅葉が重なれば、まるで色彩豊かな絵画のよう。

白金温泉郷には、日帰り入浴できるホテルや旅館も多数あります。近くには有名な「青い池」もあり、そちらも周辺の林が紅葉するので夏とはまた違った色とりどりの景色を楽しむことができます。

美瑛町には他にも、十勝岳望岳台(標高930m)もクルマで行ける紅葉スポットとして有名です。十勝岳登山口ではありますが、歩かずともすぐそこに紅葉が広がっています。美瑛岳、美瑛富士、上富良野岳などが一望でき、ロケーションは抜群です。

札幌からクルマで約1時間、千歳からは約40分というアクセスのよさでも人気の支笏湖(しこつこ)、周辺の温泉ホテル・旅館(日帰り入浴)、水中遊覧船、レンタサイクルなどは通常営業しています。駐車場は普通車410円です。

筆者がおススメするのは、その支笏湖から約40kmほど西にある【三階滝公園】(伊達市大滝区)です。駐車場無料、売店とトイレがあります。三段になって落ちる滝と紅葉のコントラストが美しく、優雅です。また、「甘露法水」と呼ばれる湧水を汲みに訪れる方も多くいらっしゃいます。

なお支笏湖と三階滝の間にある道の駅【フォーレスト276大滝】は、2021年3月31日まで休館(全館閉鎖)となっています。

ラストは、大沼国定公園(七飯町)です。大沼公園広場に一番近いユーカラパーキング、自然公園財団駐車場 (南大沼駐車場)があり、駐車料金は乗用車400円です。※5m以上のクルマはマイクロバス料金800円

周辺には売店や飲食店が点在し、また遊覧船、カヌー、ボート、レンタサイクルなどもある一大観光地。秀峰 駒ヶ岳をバックに、紅葉に染まった大沼の島々をめぐる湖畔遊歩道を散策するのも気持ちがいいですよ。紅葉の見頃は10月中旬〜下旬の予想です。

胆振東部地震の影響により、震源地から離れた観光地もキャンセルが相次ぎ閑散としているとの報道もありますが、被害はほとんどなかった観光地も多いです。復興支援にもなりますし、紅葉を堪能しに訪れてみてはいかがでしょうか。

(松本しう周己)

【関連記事】

北海道のオススメ紅葉スポット10選・前編【車中泊女子の全国縦断記】
https://clicccar.com/2018/09/19/630265/

【関連リンク】

阿寒ネイチャーセンター
http://www.akan.co.jp/

然別湖ネイチャーセンター
https://www.nature-center.jp/

大沼国定公園 大沼ップ
http://onumakouen.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事