日本再導入はあるか!? 三菱・トライトン改良型をキャッチ

三菱のピックアップトラック「L200」改良型を初めてカメラが捉えました。世界的注目が集まるピックアップトラック市場でも、人気の高い「L200」はどんな進化を見せるのでしょうか。

キャッチしたテスト車両は、フロントマスクを一新。ヒュンダイ「サンタフェ」やシトロエンのクロスオーバーSUV「Cシリーズ」を彷彿させるグリルと一体化した薄いヘッドライトが特徴となるようです。それに伴いボンネットの形状にも変化が見られます。またハニカムメッシュの大型ラジエーターグリルやコーナーインレットを装備しているようです。

リアビューでは、サイドまで回り込むテールライトもデザインがリフレッシュされる可能性もあるでしょう。これまでの力強いイメージから、スタイリッシュなオンロードも意識したデザインが特徴となりそうです。

キャビンでは、「スマートフォン・リンク・ディスプレイ・オーディオ・インフォテインメントシステム」の搭載や、クラスター類がリフレッシュされ、高級SUVのようなコックピットが期待できそうです。また、パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ディーゼルターボのほか、新たに2リットルモデルの噂もあります。

「L200」は、1978年に初代(日本名 フォルテ)がデビュー。その後1996年に2代目(日本名 ストラーダ)、1996年に3代目がデビューしました。そして2005年に登場した4代目は、「トライトン」として日本でも発売されていましたが、2011年をもって販売が終了しています。現行モデルは5代目にあたりフィアットへ供給をしており、同ブランド「フルバック」とは兄弟車となっています。

日本でのピックアップ市場と言えば、2017年9月にトヨタ「ハイラックス」が13年ぶりに日本市場へ復活。「トライトン」以来6年振りのピックアップとなり、目標台数を大きく上回るヒットとなっています。そのため、改良型を機に日本市場復活の可能性もあるはずです。

ワールドプレミアは、2019年内のモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?
560馬力のスーパークーペ! BMW・4シリーズに伝説の「CSL」復活の噂
VW・パサートのロング版、シュコダ「スペルブ」改良モデルは3月デビュー

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事