DSの最小SUV「DS3クロスバック」は、中国メーカーと共同開発で初のEVに?

ラグジュアリーブランド「DS」の最小クロスオーバーSUVとなる「DS3 クロスバック」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

シトロエンから独立した「DS」ブランドですが、同ブランド初のモデルとなったのが、2009年に登場したCセグメント・3ドアハッチバックの「DS3」です。その「DS3」初の派生モデルが、このクロスオーバーSUV「DS3 クロスバック」です。

未だ厳重なカモフラージュをまとっており、ディテールは不明ですが、兄貴分の「DS7 クロスバック」のデザインを継承するのではないかとも噂されています。

初めて捉えたキャビン内は、「DS7 クロスバック」と大きく異なっていることが確認できます。兄貴分の12インチセットアップと比べ、かなり小さいディスプレイを備えたタブレット型のインフォテインメントシステムとなるようです。またその下にあるダイヤモンド型の3つのクラスタやエアコン吹き出し口は特徴的です。

「DS3 クロスバック」は、中国・東風汽車と共同開発したEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用するDS初のEVとなる可能性が高く、テスト車両のエキゾーストパイプはフェイクと思われます。50kWhバッテリーを搭載し、航続距離は450km、最高出力は115ps程度と予想されています。

ワールドプレミアの場は10月のパリモーターショーと伝えられていますが、このカモフラージュ状態から遅れる可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用
メルセデス・ベンツ CLA次期型、ニュルでスポーティーな走りを公開!
次期型は1000馬力+ミッドシップ! シボレー コルベットの次期型プロトをキャッチ