【新車】340馬力の直6クリーンディーゼル「OM656」を搭載したベンツSクラスの価格は1116万円から

メルセデス・ベンツ日本は、新型の3.0リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」をSクラスに搭載することを発表しました。すでに予約注文は開始、ユーザーの元に届くのは2018年10月以降ということです。

この新型エンジン、最高出力は250kW(340PS)、最大トルクは700NmとSクラスにふさわしい強靭な心臓となっています。

アルミ製ブロックとスチール製ピストンを組み合わせたほか、排気側カムに可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」を採用していることがエンジンのトピックス。このCAMTRONICは冷間時に内部EGRを利用することで燃焼室の温度を早期に上げることに貢献しているといいます。もちろん、いわゆるEGR(排気再循環)については高圧・低圧の2系統を持っています。

なお、排ガス浄化はAdBlue(尿素水)を用いているタイプ、さらに選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルターを使うなど徹底したクリーン化が考慮された最新のディーゼルエンジンです。

搭載されるグレードは「S400d」、「S400d 4MATIC」と13cmのストレッチを受けた「S400d ロング」、「S400d 4MATIC ロング」の4タイプ。4MATIC(四輪駆動)車は左ハンドルの設定となります。

メーカー希望小売価格は1116万円~1505万円、新車購入から3年間の一般保証修理/定期メンテナンス (点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償 で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用されるということです。

(山本晋也)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【メルセデス・ベンツCクラス試乗】辛口の足まわりと強烈な加速を受け止める高いスタビリティが際立つ「メルセデスAMG C 43 4マチック」
【新車】カタログ落ちしていたベンツ・Vクラスに、ガソリンエンジンを搭載した「V 260 ロング」を設定
【メルセデス・ベンツCクラス試乗】乗り心地の良さとトルクフルな走りが指名買いしたいツウ好みの選択肢「C 220 d」
【新車】確かな走破性とオンロードでも快適なオフロードサスペンション仕様の「GLA 220 4MATIC Off-Road Edition」が登場
【メルセデス・ベンツCクラス試乗】車両本体価格552万円の「C 200アバンギャルド」の魅力とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事