普通自動車免許の失効・取消からの再取得。「初心者マーク」を付ける必要はある?ない?

●表示しなくてもいいこともある?

ただひとつ、免許失効から6ヶ月以内の場合のみ、表示義務がありません。これはいわゆる「うっかり失効」と呼ばれているもの。

再取得時にも講習はあるものの、試験は適性試験のみで学科試験も技能試験も免除されます。

この「うっかり失効」も失効しているのに違いはないので、新しい免許の取得日は講習を受け免許を交付してもらった日になるのですが、初心運転者標識の表示義務が免除となるのです。

違反等で取消になったのならまだしも、更新を怠っての失効ならば、半年以内になんとか気づけるとよいですね。

なお、初心運転者標識はクルマの前後、地上0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置に表示することとなっており、この表示を怠った場合、行政処分点数1点と普通車で6000円の反則金がかかりますので、貼り忘れがないようご注意ください。

(古川教夫)

『運転免許』の最新記事

85歳以上の運転免許人口は10年間で約3倍に! やっぱり高齢化はクルマ社会にも到来していた!!
刑務所での服役は「やむを得ない理由」。「塀の中」での免許更新の方法とは?
免許がいらない「軽車両」っていったい何?
【意外と知らない運転免許証】漢の憧れ、大型自動車免許(1種&2種)とは?
普通自動車免許の失効・取消からの再取得、初心者マークをつけないための「裏ワザ」とは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事