ついに登場した『ミラーレス』はトラックから! メルセデスの新型アクトロスが標準装備でやっちゃいました

モーターショーのコンセプトカーでは、すでにお馴染みのミラーレス。従来のミラーに替えて、デジタルのカメラ/ディスプレイで後方視界を提供するシステムだ。それに関する国際基準が整備されたのを受けて日本でも2016年6月に保安基準が改定され、法律的にはミラーレスを実用化できる環境が整った。あとは、いつ、誰がミラーレスに踏み切るか?

待つこと2年余り。ダークホースと言ったら失礼かもしれないが、それはトラック業界から現れた。9月20日にハノーバーで開幕する商用車ショーでの一般公開に先駆け、メルセデス・ベンツが5日に発表した新型アクトロス。同社を代表する長距離輸送向け大型トラックの新世代が7年ぶりにモデルチェンジし、なんとミラーレスのシステムを”標準装備”して登場したのだ。

先代アクトロスを含めて欧州の長距離トラックでは、メインのミラーの下に視野角がより広い補助ミラーを並べ、これら2つのミラーをひとつのカバーに収めた縦長の大きなバックミラーが一般的。それを左右のドアに備える。大きなバックミラーは大きな空気抵抗を生むもの。それをコンパクトなカメラに置き換えることで空気抵抗を減らすというのが、メルセデスがミラーレスの標準装備化に踏み切った最大の動機だ。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【新車】340馬力の直6クリーンディーゼル「OM656」を搭載したベンツSクラスの価格は1116万円から
メルセデスベンツ初の市販EV「EQC」前後席に座った印象はCクラスワゴン!? 日本発売は2020年か
【メルセデス・AMG C63試乗】「ミニ・ニュル」で実感。日常からサーキットまでをカバーする懐の深さと信頼性
【メルセデス・AMG C63試乗】超売れCクラスのAMGバージョン・C63/C63S。新型の変更箇所をチェック!
発表会は新橋演舞場。新型Cクラスと歌舞伎の意外な共通点とは?