最高出力550psの強力モデル。アストンマーティン新型ヴァンテージ「S」を目撃

2017年11月に公開されたアストンマーティン「ヴァンテージ」に設定されるハイパフォーマンスモデル「ヴァンテージS」をほぼフルヌードでカメラが捉えました。

標準モデルのパワートレインはメルセデスAMG製の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は510ps、最大トルク685Nmを発揮しますが、「S」ではスープアップしたエンジンにより最高出力550ps、最大トルク710Nmまで向上します。

さらに66kgの軽量化により、0-100km/h加速は1秒以上短縮されるといいます。トランスミッションには、ZF製8速ATの他にマニュアルも設定されます。

目撃したプロトタイプは、新しいサイドスカート、アップグレードされた大型のクロスドリルブレーキディスクを装備するほか、フロントディスクも大きく見えます。

最大の違いは、クワッドエキゾーストパイプの装着で、外側のパイプはより突き出しているのが特徴的です。ベースの「ヴァンテージ」にもクワッドエキゾースト装着モデルが存在しますが、形状が異なっています。

ワールドプレミアの場は、2019年3月以降のモーターショーと思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW「M」の新型モデル発表か? 謎のティザーイメージに隠されたヒントとは
ブガッティ・シロンの後継モデル、「Type 103」予想CG公開!
アメ車も本格的なハイブリッド時代へ。人気SUVのシボレー・トレイルブレイザーの次世代型が電動化!
SLや8シリーズがライバル。レクサス・LCコンバーチブル市販型、7月にも公開?
アウディ初の市販EV「e-tron」、最大503馬力の「S」設定へ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事