ポルシェ・911 GT3に歴代初のカブリオレが追加。プロトタイプをキャッチ!

ポルシェ・911のハイパフォーマンスモデル、「911 GT3」に歴代初となるカブリオレが設定されることがわかりました。

1999年に初代が登場した「911 GT3」は「もっともサーキットに近い」と言われ、「911」のパフォーマンスを一気に向上させました。それ以降20年に渡り進化を遂げていますが、これまでオープンモデルは設定されていませんでした。

捉えたプロトタイプは同じく開発が進められている「スピードスター」と思われましたが、ボンネットフードが異なり、ファブリックルーフがリアデッキ部分にきっちりと合わされており、明らかに別のモデルであることがわかります。さらにアグレッシブなフロントバンパー、センターロック・ホイールや大型ブレーキキャリパーが見て取れます。

この試作車にはリアウィングが装備されていませんが、市販型には、恐らくアクティブスポイラーが装着され、「911 GT3カブリオレ」としてデビューするはずです。

パワートレインは、4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載、最高出力は500psを発揮すると見られます。991世代最後の派生モデルとなる、エキサイティングなカブリオレは、2018年内にも公開されそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ
ロータス、超ド級1000馬力のEVハイパーカー「オメガ」を計画中?
零下30度のノルウェーでBMW X1改良型プロトタイプをキャッチ。コックピットにはタッチスクリーンを確認

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事